--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.23 *Mon

ようやく

ようやく雨が降りました。異常乾燥が収まるのはいいのですが、やっぱり寒々しくなりますね。こうなると暖かい太陽が恋しくなるのは実に勝手な話です。
集合住宅では雨の音がしないので、ちょっと変な感じです。会津の家では少しの降雨でも音で分かったのですが。

自分の就職もまだ決まらずえらそうなことは言えないのに、原発の話をうんぬんいうのも気が引けますが、「ようやく」こういう動きが出てきた、という話題。
政府の事故調査・検証委員会(委員長・畑村洋太郎東京大学名誉教授)は20日、今夏にまとめる最終報告には事故の原因解明にとどめず、「原子力事故による心理的、社会的な影響」も調査範囲に含める方針を示したとのこと。委員長いわく、「これまでは主に発電所の中や東電、政府で起きたことを考えていた。しかし、今は原発事故が被災地に与えた影響の方がはるかに大きな意味を持っている。最終報告では、こうした影響を見ないと調査全体として不適当だ」。
原子力事故の影響について、とかく直接被害や営業損害、賠償額、あるいは原子力の発電コストといった直接的な損害についてはそれなりに議論にはなってきましたが、それだけで十分ではないことは明らかです。東電が賠償する金額は4.5兆円とも言われていますが、それはあくまで直接損害であって、この数字に出てこない被害はそんなもので済まされないはずです。
今回の事故調が「心理的・社会的な影響」を範囲に含めるのは、言葉通りであれば、それは一つの前進だと思います。そして今回の事故がもつ本当の意味をきちんと検証してもらいたいと思います。
でも気になるのは、このような広い意味での影響となると具体的な大きさ(簡単にいえば数字)がわかりにくくなり、実感のわく内容になるのか、ということです。そんなことはないと思いますが、報告書に1行触れられた程度、なんてことになったら全く意味はありません。
「心理的・社会的な影響」を議論するのもいいのですが、そこまでの広い範囲を考える前に、4.5兆円に入れてもらえていないすぐ外側に横たわっている損害や影響も丁寧に検討してもらいたいと思います。本当は賠償請求したい、すべきものを溜めこんでいる人もいるでしょう。事故のおかげで人生が狂ってしまった人はその弁償だってしてほしいでしょう。たとえ、実際に支払われなくても、4.5兆円の外側の大きさ・輪郭をはっきりさせてほしいものです。

話は変わりますが、神戸に移住して、インターネットの環境も少し変わりました。今月中くらいにメールやホームページのアドレスが変わります。ホームページはそのまま閉じてしまうつもりでしたが、新しいサーバーに移しましたので、まだしばらくご覧いただけます。内容はなにも更新されておりませんが、今後活用するかもしれませんからお知らせしておきます。
新しいホームページはこちら
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。