--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.30 *Fri

新しい年を新たな気持ちで迎えるために

太平洋側の冬を過ごすのは10年ぶりなので、すっかり忘れていたのですが、こんなに晴天の続くものだったのですね。雪がちらつくこともありますが、毎日なんだかんだいって青い空とまぶしい太陽が拝めて、昼間は暖房がなくても暖かいのです。会津の冬の厳しさを改めて実感しています。

一昨晩、テレビの朝日系のニュース番組で、福島の原発事故の再検証をしていました。今さらこんなテレビをみて、どうなるのかとも思ったりもしたのですが、悲しいかなやはり少しでも事実に迫ることを知りたいので見てしまいました。あくまで取材による推測ということもありますが、事実はおそらくそんなところなのだろうと思えるような内容ではありました。
でも、そんなことは今頃わかっても遅いのですね。事故は実際に起き、逃げ遅れあるいは線量の高いところにわざわざ逃げてしまった人がおり、たいへんな被ばくをしてしまっています。これから政府や東電の隠ぺい・無責任体質を正すくらいのことはこれからもあるいはできるかもしれませんが、起こってしまったことについては何を今さら、という感はぬぐえません。
そして、当の番組でも「当時の自分たちマスコミの報道体制の問題」を多少申し訳なさそうにほんのひとことだけ触れていましたが、それこそこの番組できちんと検証・説明してもらいたいものだというのが、私の感想でした。

当地神戸の地方紙「神戸新聞」を連れ合いの両親のお宅で読んでいると、地元の原発設備メーカーの所長さんのインタビューが載っていました(神戸にとってはこの会社は最大の事業所なので、たびたびこの会社のことが記事になります)。
このメーカーは、北海道・関西・九州・四国の電力会社に原子炉を納めているのですが、もちろん今は新規の工事は止まっており、原発ビジネスの先は見通せない状況のようです。それでもいまは、例のストレステストの仕事がたくさん入っていて600人体制でコンピュータによるシミュレーション作業を行っているとのこと。
要するにストレステストは電力会社でやっているわけではなくて、こうしたメーカー・下請けにやらせて体裁を整えて国に提出するということになっているわけですね。
それでもメーカーにとっては、仕事量の確保と早期の原発再稼働、そして原発設計技術の伝承のためにはとてもありがたい仕事となっているようです。
こうして国や電力会社が原発メーカーを食わせている姿をみると、原発ムラはまだまだ健在ということがよくわかり、落胆してしまいます。

まったく力が抜けてしまうようなことばかりですが、そんなことばかりいってもいられません。いろいろあった今年最後のブログが心の重くなるようなものにしたくないので、今日のうちにこんな話は吐き出してしまいたいと思いました。

そして新しい年を新たな気持ちで迎えたいと思います。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。