--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.28 *Wed

ひとまず神戸へ無事

クリスマス寒波といったらいいのでしょうか。日本海側で大雪になっているようです。ここ神戸は年に1回か2回積もる程度だと言われている雪が、昨日うっすら積もりました。外はそれなりに寒いのですが、気密性の高い集合住宅のせいか震えるほどではなく、ほんの1週間前の暮らしでの寒さの違いに少し戸惑うほどです。

おかげさまで家族そろって、次の移住先である神戸へ到着しました。先月にはすでに引っ越しの片づけは大方終わってはいたので、住むに困るということはないのですが、まだ大きなダンボールがあちこちに転がっている状態です。イタズラ盛りの3人の子供たちを相手にしながらこれを片付けるのは思った以上にホネの折れる作業です。でも子供たちの方こそ、遊びにも連れて行ってもらえず退屈で仕方がないのだと思います。

ようやくインターネットを使える環境になりました。さっそくこれを書く気になり前の記事を確認しようとしたら、出発前に最後に書いた文章が手違いでアップされていませんでした。ようやく昨日そのまま載せておきましたので、一応ご覧ください。そこにも書いてありますとおり、山都出発の朝はまだ片づけが終わっておらず、あの記事を書く時には予定通り出発できるのか不安で仕方がありませんでした。

とにかく午後一番には出発できるように残りの荷物の荷造り、ゴミ捨て、家の掃除をせねばなりません。私は軽トラに捨てる家具やフトンなどを満載して清掃工場を往復し、お借りしていた暖房機具やテレビなどを返しに走り回っていました。連れ合いの方も、下の二人を相手しながら荷造りするのですが、どうにも捗りません。
こういう状況をどこから察知したのか、ご近所のお母さん方が次々と雑巾と手袋を手に集まってきてくださいました。子供たちのお守をかってでてくださった方もいらっしゃいます。雪で足場が悪いのに、神戸へ向かう乗用車への荷物の積み込みまで手伝ってくださいます。
私があらかたゴミの始末を終えて戻ってくると家の中はすっかりきれいになっていました。

こんなことってあるのでしょうか。

そしていよいよ出発の時間。一応前の日にひとわたり挨拶していたので、お隣にだけ声をかけてひっそり発つつもりでした。加えて、つい先日このムラで不幸ができたのでムラの中はそのお弔いでかかりきりになっていたので、私たちもご挨拶を控えた方がいいとも思っていました。
ところが、出発直前さきほどまで雑巾片手に汗を流してくださった方々が見送りに来てくださいました。

こんなことってあるのでしょうか。

私たちはただの他所者だと思っていました。都合よく入ってきて、都合よく出て行って。それなのに、最後の最後までこんなによくしてくださって・・。

田舎暮らし・農的生活をしたいと思ってきた10年。田畑を耕し、できるだけ自分たちの手でモノを作って自給的な暮らしをする。それだけを考えて生活してきたのですが、その生活の中で得られた大事なものを私はすっかり見落とすところでした。

名残を惜しみながら、長年見慣れた風景を深く心に刻みつけながらムラを後にしました。

その後、いつもお世話になっていたパン屋さんによってお見送りをうけ、上の子を学校に迎えに行き、そこで先生方のお見送り、保育所に寄ったらそこでも次男の組の子供たち全員が元気にお見送り、どこでも温かいことばをかけていただきました。

離れてみて、この町の、この町の人たちの優しさ、これまでの生活の本当の豊かさに気づかされた旅立ちでした。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。