--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.28 *Mon

426(2011.11.28)

寒さが一層厳しくなってきました。カメムシはどうやら我が借家の壁の隙間などにお気に入りの越冬地を決めたのか、目にすることが少なくなりました。代って「ベンジョコウロギ」があちこち跳ね回っています。そしていよいよこのムラにもようやく降雪があったようです。

「あったようです」というのは、その日私は引っ越しの荷物を受け取るためにここには居なかったからです。
そうです。とうとう引っ越ししてしまいました。私たち家族は12月いっぱいまでいますが。
引越しの大きなトラックが家の前に横付けされると、いよいよ寂しさを本格的に実感。たんたんとスピーディに手際よく積み込まれていき、1時間半ほどで作業は終了。早いですね。このところ雨の日が多いので、引っ越し当日の天気が気になっていたのですが、おかげさまでこの日だけは朝からよいお天気。そのせいもあったのでしょうか。

当面の住まいのための道具は多少残してありますが、それでもガランとした家中はぐっとさびしくなりました。タンスが置かれたところの「い草」の色がまだ若くて、キャンディーズのかつてのヒット曲がふっと思い出されます。


話は急に変わって、先週帰国されたブータン国のワンチュク国王夫妻。
歓迎ムード一色、イケメン・美女のご夫妻とあって、報道は過熱気味。明るい話題がほしいところなので仕方がないかもしれませんが、メディアの受け止め方としては少々表面的すぎないかと気になります。彼の国はGNH(国民総幸福量)を国是としておられます。その視点から今回の来日をどうとらえるべきなのか、という評論がなぜか見当たりません。
ご夫妻にとってはハネムーンとしての位置づけもあったようですから、あまりカタイこと言わない方がいいのかもしれませんが。

天皇主催の晩さん会のとき、国王が、本当はここに出席している皆さん一人一人にハグしたいけれど、それはできないのでそのつもりで妻をハグします、というあいさつに国王の人柄がでていると称賛されていました。確かに好感のもてる素敵な所作だと思いました。
でもこれをたとえば原発事故後の東電・政府の対応と並べてみたらどうでしょうか。日本の政府は自国民・被災者に対して「一人一人にハグしたい」と思ってくれているでしょうか。あるいはそんな仕草を見せてくれたでしょうか。東電は、分厚くてわかりにくい「補償金」支払い用のマニュアルを一方的に送りつけて、彼らの気持ちを伝えてくれました。

国王のこのご挨拶は、日本のみじめな実態に対しての深い悲しみを精いっぱい滲ませたものではないのかと私は思うのです。でも、そういった類の見方をしたものは、私が知らないだけかもしれませんが、目にしません。これが、根性の曲がった人間の曲解・ムダな深読みで済めばいいのですが、そんな思いがもし込められていたとしたら、彼らにとって日本は本当に救いようのない国だということになってしまいます。
滞在を終え関西空港を飛び立った航空機内で、遠くの美しいヒマラヤ山脈を目にしながら「我が国をあんな国にしてはいけないな」と国王が奥様につぶやいていなければいいのですが。



スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。