--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.25 *Tue

422(2011.10.25)

近所でも大方、稲刈りが終わり、今はソバの収穫の真っ最中です。いつもだと、新そばに胸躍らせる時期なのですが、引っ越しの段取りに思いをめぐらせてばかりいたので、忘れてしまっていました。私たちの大切な結婚記念日もうっかり見過ごしてしまうところでした。偶然、長男が「かーか(お母さん)たちのケッコンキネンビっていつなの」と思いがけない質問をしてくれたおかげで、気づきましたが。

引越しに向けて荷物を整理している最中、そこでちょっとした難題が立ちはだかっております。それは今が旬のカメムシです。暖かい日中は窓のあたりを無数のカメムシが日向ぼっこをしています。夜は夜で明かりの周りをそれはそれは楽しそうに飛び回ったり、散歩したりしています。洗濯ものやちょっとカゴに仕舞っていただけの服に、張り付いていたりもしています。そうしたさまを目にするのも、相当不快なのですが、まあそうやって活発に動き回っているのは実はまだかわいいものなのです。

先日、造り付けの棚の奥にしまっておいたダンボールを整理しようと取り出したら、その裏に無数のカメムシがダンボールの裏側にはりついていました。これは実際に見たことがある人にしかわからないかもしれませんが、かなり衝撃的な瞬間なのです。多少は慣れている私でも思わずムムム、とうなってしまいました。もちろん棚の中にもそれまで静かにしていた連中がクモの子を散らすように逃げ回っています。
手に持っていたダンボールからはつぎつぎ部屋の中にカメムシが落下していくので、とにかくこれをなんとかせねばと、近くの窓から外に運び出しました。まだ早朝で家族が寝ていたので、掃除機で彼らを吸い取るのは今は堪忍してやりましたが、すぐにこの棚を閉め切って後日掃討作戦を展開する予定です。

さて、運び出したダンボールですが、運悪くフタはあいているし、中には封筒だの紙袋だのがたくさん入っており、カメさんたちの格好の隠れ家になっていました。
夜明けの薄暗いなかでちょっと中をみただけでもゲリラのようにかなりの数が潜んでいることがわかります。手間がかかりそうなので、椅子代わりのコンテナを庭にもってきてじっくり腰を据えて彼らの排除をはじめました。

領収書や手紙が入っている封筒を一つ一つ覗き込んで、潜んでいるヤツを放り出します。だいたい1つの封筒に平均3匹は付いてます。悪いことにファイルの冊子がダンボールに入っておりそのページをめくっていくとご丁寧に1ページに1つはくっついていました。くまなくはじき出すのに30分はかかりましたね。まあ幸い、中でつぶれたりしたヤツはいませんでしたし、どうやらこのダンボールだけが相当な被害があっただけで、そのほかは蓋がきっちり閉っていたので無事でした。
引越しで彼らまで連れていくわけにはいかないので、荷造りには細心の注意が必要です。ダンボールにしまったらすぐに蓋をして隙間にもガムテープを貼らないとそこから入ってきてしまいます。もちろん中身の荷物だってひとつひとつチェックしてから詰めなければなりません。どっかにカメムシ検出器売ってないかなあ。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。