--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.14 *Fri

420(2011.10.14)

稲刈りシーズンはほぼ終わり、そろそろソバの刈り取りが始まりました。これが終わると、だいたい今年の会津の農業カレンダーは年越しになります。私も米の等級検査のアルバイトが始まり、少しですが忙しくなってきました。

昨日、福島県から「県民健康管理調査 基本調査 問診票」なる書類が送られてきました。放射線の県民への健康の影響を調べるためのものです。すでに報道などでこのようなことを実施することは聞いていましたが、原発事故から7か月もかかってようやく会津の住民に送られてきた、というわけです。
内容は3月11日から26日までの各個人の行動を時間単位で記録してもらいたい、というものです。また同時期に家庭菜園の野菜や飼っている牛の乳を飲んだか、水は何を飲んだか、安定ヨウ素剤を服用したか、などという質問もあります。
そんな昔の話、覚えているわけないとか、結局福島県民をモルモットとして研究対象にしようとしているとか、だいぶ批判もあるようです。良い方に考えれば、県のいうように不安の解消であるとか、将来万が一健康被害が出た場合の証拠書類にもなるとか、そうした面もあるでしょう。
説明文には回答は自由意志によるものであり、回答しなくても何ら不利益を被ることはない、ことが記されています。

さて、では我が家はどうするか。一応、東電への賠償請求用に当時の行動記録なども残しておいたので、おおよそのことは書くことができます。でもなんだか、これを書くのに抵抗感があるのはなぜなのでしょうか。
これだけの質問をする前に、国のいうことばかり聞いてないで、県独自の判断で避難範囲を広げておくとか、ヨウ素剤を配るとか県としてもっとやるべきこと、できたことがあったんじゃないの、という気がするのです。そもそもこのような事故が起こったときに、やるべきポイントをなんで普段からシミュレーションしてこなかったのか、という思いもあります。東電が、国がと責任を押し付けるばかりでなく、県としての判断が見えてこないのがとても歯がゆいです。補助金をもらい続けていたにもかかわらず、経済効果といういい面ばかりで、事故対応という負の面についてほとんど使ってこなかったのではないかと思うと、今さらながら残念です。

この問診票、2週間程度で返答せよとのこと。今は引っ越しのことで頭がいっぱいなのに、また余計な課題を与えられてしまいました。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/14(金) 16:20:15 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。