--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.19 *Mon

416(2011.9.19)

このところの晴天続きで、稲穂もだいぶ色づいてきました。早い人は稲刈りを始めています。我が家も台風が過ぎれば刈り取りの時期に入るのではないかと思います。ちょっと倒れかけているので、台風の強い雨と風が少しでも逸れてほしいものです。

再移住のお知らせをしてから2週間ほどたちました。それ以前からムラのみなさんはじめ、特に関係の深い人たちには直にお伝えしてきました。みなさん、お世辞でも残念がっていただいてありがたい限りです。会津の人たちは放射能についてそれほど心配をしていないのではないかと思っていたのですが、思いのほか今回の原発事故には関心が高いと感じました。
放射能なんか心配ないヨ、と一人くらい言う人がいると想像していたのですが、みなさん一様に小さい子供がいるから心配だな、と優しく送り出してくれています。ムラのためによくやってくれた、と感謝してくださる方もいらっしゃいます。そして決まって、さみしくなるな、と最後にぽつりと言われるのがなんともつらいです。

私のホームページに書いた文章もいろんなところを経由して思ったよりたくさんの方に読まれてしまったようです。もともとこのホームページは会社勤めをしていた時にお世話になったごく近い人たちを意識して書いているので、隣近所の人たちに「読んだよ」と言われるとちょっと気恥ずかしいのですが。でも、考えていることがよくわかっていい文章だと(うまい文章という意味ではなく)、褒められました。
私としては、10年前に会津に移住したときにいろいろな人にお世話になったり、あるいは時にご迷惑をおかけしたという思いがありました。ですから、今回の再移住については、それなりに説明する必要があるだろうと考えてあのような文章を書いたのです。言葉は悪いですが、会津への移住についての「落とし前をつける」つもりだったのです。
ですから、「よくわかった」と言われるとそれだけで、書いた甲斐があったと思うのです。

再移住へ向けての準備も本格的に始まりました。まだ移住先までは決まっていませんが、ビニールハウスを片付けたり、農機具小屋を解体し始めたりしています。
ビニールハウスはうまい具合に使ってくれる人が見つかり、その人たちに解体を手伝っていただいたので、思いのほか早く畑がきれいになりました。
農機具小屋は、中に入っていたガラクタ類の片づけをし、小屋にいた7羽のニワトリさんは近くの養鶏農家の方に引き取っていただきました。ニワトリさんがいなくなったケージはなんともいえず、さびしいものでした。毎日エサをやったり、水を替えたり、卵をとるためとはいえ「面倒だなあ」と思うこともあったのですが、こうしていなくなってしまうと、急に心に冷たい風が吹き抜けたような感覚になりました。ニワトリを預けて帰ってきて、これから解体するケージをみて、おもわず「さみしいもんだな」とひとり呟いてしまいました。
そんな感傷もつかの間、小屋のトタン外し開始です。側壁のトタンを取るとかなり風景が変わります。そして屋根のトタンを外すと小屋はただの骨組みだけとなりました。

子供たちに、何で壊すの?と聞かれるのが一番つらい。

koya
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

山都での・・・
最後の稲刈りかぁ・・・
お手伝いに行こうかな。
2011/09/19(月) 23:25:46 | URL | あさのくまさん #GpJA0K56 [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。