FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.26 *Fri

413(2011.8.25)

秋の梅雨でしょうか、このところ青い空をあまり見ていません。

先日、南会津の金山町に災害ボランティアでいってきました。7月末の福島・新潟豪雨の被害が大きかった地域の一つです。もうかれこれ1か月経とうとしていて、今さらとは思いましたが、まだ募集していたので遅ればせながら行ってまいりました。

金山町には今年夏に沼沢湖に泳ぎにいったくらいで、ほとんど行ったことはありませんでした。いってみると結構大きなというか、細長い町です。町が細長いというより、人が住んでいるところが川岸に集中していて、只見川とそれと並行して走る国道252号線に沿ってぽつんぽつんと集落があるのです。そして、発電用のダムの多いこと。帰って調べてみたら金山町だけで4カ所、発電出力は揚水も含めて60万キロワットもあるのです。でも今はすべての発電所は水害で停止中です。
私がお手伝いしたお宅は、その252号をだいぶさかのぼった集落にありました。行く途中の只見川は大水の傷跡がくっきりと残っていて、荒々しい岩肌が茶色くむき出しになっていました。当時最大水位になったと思われるところは樹木の葉っぱが枯れているので、一目でわかります。こんなところまで水が上がったのかと信じられないくらい、今は下の方を川が流れています。
お邪魔したお宅は、今の川岸から100メートル以上は離れていそうで、その間には畑や田んぼが広がっています。にもかかわらず、1階部分の半分くらいまで水が浸かったそうです。地下もあるのですが、もちろん水没です。もう1か月前の災害ですから、土砂は除かれ畳ははがされ、これから大工さんが入って工事をしてもらうのをまっている状態でした。私たちは水に浸かったボイラを囲っていた覆いを外したり、ふすまの泥を落としたりといったことを少ししました。
ボランティアといっても、災害直後はともかく今は大汗かいて仕事をすることはありません。1時間ごとに休みがあって、ほとんど仕事らしいことはしていないような気さえします。休憩時間には災害当日のお話が聞けました。テレビ新聞では報じられない避難の状況をお伺いしました。ダムが壊れるというデマが流れて、住民は右往左往したそうです。各戸に設置された防災無線もほとんど役に立たなかったようです(新潟中越地震で我が家のある地域が停電したとき、防災無線から何も放送されなかったのと同じような話)。
私にとってはほとんど話を聞きにいったような1日で、こんなんでいいのかな、と思いました。受け入れるお宅にとっては、大人数でないとできないこと、高齢でできないこと、そしてなにより頼れる人がいる、話を聞いてくれる人がいる、ということに意味があるのかもしれません。

外から被害を眺めるのでなく、中で真実を知る、という意味でも災害ボランティアにいく価値はあると思いました。といっても物見遊山ではいけませんが。


スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。