FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.28 *Tue

403(2011.6.28)

昨日も更新したのに、また今日も更新。ということは、また原発からみです。ごめんなさいね。まあ読む人は少ないですから、いいでしょう。

またまたちょっと気になることが出てきました。
といっても汚染水の浄化システムの話ではありません。もちろん、これも大変重要な事柄です。でも、水の汚染ということで、陸地には関係ないと思っているひとが多いからなのか、あまり関心があるように思えません。でも、これとてすぐに回収してしまわないと海にこれまで以上にどんどん広がって魚介類を口にすることができなくなることもあり得ます。
ですから、1日でも早く汚染水の浄化システムは軌道に乗ってもらいたいです。ところで、この浄化システムで出た水をまた原子炉に戻すということで、これをよく「循環注水冷却システム」などと表現していますが、こんなシステムありますか、という気がします。ただ、出てきた水をまた注水に使うだけでしょ。それをシステムなどともっともらしい名前をつけるなんてとんでもない話です。だいたい、原子炉建屋とタービン建屋の床はそういった汚染水がでることを想定して完璧に漏らさないように設計されていたものなのでしょうか。今この瞬間にもコンクリートの隙間から汚染水が漏れているはずです。現在、汚染水についてやっていることで、技術的にシステムと言える部分は「汚染水の浄化システム」だけです。
こうした標語のような名前をつけて美化するのは、もうやめてもらいたいです。

さて、脱線しましたが、気になることというのは3号機の使用済み核燃料プールです。昨日の朝日新聞に「燃料プールにホウ酸水注入」という小さな記事があり、原子炉建屋爆発のときに入ったコンクリートがれきが溶けてプールの水がアルカリ性になっているため、ホウ酸水で中和するとのこと。このままだと燃料集合体を収めているアルミ製のラックが腐食して壊れ、燃料集合体が倒れてしまう恐れがあるというのです。東電によると集合体が束になって倒れると再臨界することもあるのだそうです。
私としては、今1号機用に作っている建屋カバーが完成するまでは爆発的なことはしばらく起こらないだろうちょっと気を抜いていたのですが、これはちょっとマズイ予感がします。
また今日、見ていたネットでは4号機建屋が傾いている、とかコンクリートがはがれてプールに落ちる音がするとかという話があるようです。本当かどうかわかりませんが、原子炉にばかり気を取られているうちに、燃料プールの方に危険が進行していたようです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。