--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.27 *Mon

402(2011.6.27)

思ったよりたくさんの雨が、長く続く梅雨です。そろそろ1日といわず数日からりとした晴天を見てみたい気分です。

農作業は雨の降らない時間を狙ってちょこちょことやっています。まとまった仕事はしにくいので、本当にちょこちょこ草刈ったり、草取りしたり、エダマメの苗を植えたりしています。例年だと雨が降ろうがヤリが降ろうがカッパを着て草刈り機を振り回していましたが、今年はそこまでしなくても心配ないです。

梅雨入り前にタマネギを収穫しましたが、どのくらい放射能が含まれているのか、気になります。なにしろ、原発で爆発が起こったときにも畑で葉を伸ばしていましたから。タマネギは葉の下の部分が肥大してなるので、根っこから吸収される分も、空から降ってきている分も影響するので、ちょっと心配しています。
先日、ある方からフランスで分析してもらえるとの話があり仲間と一緒に検体を送りました。その一つが我が家のタマネギ。でも、送料以外はタダ、ということ以外、どんな分析をしてくれるのか(核種別なのか、とか検出限界がどのくらいとかいろいろ気がかりなことは多々あるのです)わからず、いつその結果が知らされるのかもわかりません。
日本にも公私さまざまな検査機関があるのですが、分析内容により異なるものの1検体あたり数千円から3万円くらいの費用がかかります。
一応タマネギも売り物なので、検査しないと心配ですが、その検査費用は東電や国が補償してくれるでしょうか。会津は避難区域ではないですし、農産物の出荷も現在は制限されていないので、「検査するかどうかはあんた次第でしょう」と言われるのがオチかもしれません。でもやはり検査なしでは出荷するのは、自分や家族が食べることもあって、ちょっと心配です。

そういうわけで、今年は、野菜ボックスの「会津野菜便」は見合わせることにしました。お米についても、今年取れるものについては個人の販売は積極的にやらない予定です。大地の会や会津農民連など検査して出荷してくれるお取引先の分だけ一生懸命、ただいま栽培中です。



原発については、先週浜岡以外の停止中の原発について再稼働の要請を国(経済産業省)が行いました。一応安全対策らしいことは行ったようですが、そういう技術の問題だけではないのですね。事故が発生したときの対処の仕方・体制についてまだなんの議論も検証もされていないのです。ただ技術論だけをいっても全く話になりません。一体国は何を考えているのかと憤りが収まりません。
幸い実質的な決定権のある各地元の知事さんたちは、しらけムードになってくれているので、またゾロ再稼働とはならないようにおもいますが。国策としての原発推進に対してはやはり世論が明確な意思を示さないと、経産省のお役人と電力会社のいいようになってしまいます。世論の意志が示されるのはやはり選挙とその投票行為です。でも一つのテーマを争点にした選挙がうまいこと行われるわけでもありません(郵政選挙みたいに)。ですから、民主主義国家といいながら、こういうことについては、かならずしも国民の考えが国策に反映されるわけではない、ということを改めて感じた次第です。イタリアのように国民投票ができるような法律がある国が急にうらやましくなりました。
そうした中、ある読み物で経済評論家の内橋克人さんが、原発推進という国策は、「合意なき」国策なのだといっていたのを読んで、私の中でもやもやしていたものが晴れた気がしました。そうか、やっぱり原発建設は国民が決めたことではなかったのか。ちょっとほっとしたと同時に、どうしてそういうことになるの?とまたもやもやとなってしまいました。それには、やはり業界の権益とか癒着とか補助金だとかそういったことが背後できちんとうごいているようです。前にここで書いた「発電の3割は原子力」というコピーもきっとそうした世論操作の一つとして生まれてきたものなのでしょう。

それでは、原発のあり方に私たちが今、意思表明をするためには何をしたらいいのでしょう。紙やインターネットでの署名運動、講演会への参加などさまざまできることがあります。地元の知事さんの態度はいつ何時かわるかわかりませんから、いつまでも知事に頼っているわけにもいきません。ここはなんとか民意を明確に示す機会がほしいところです。
そこで今、私が考えているのはデモの参加。しかしデモ、なかでも「反原発デモ」というと共○党とか過激派のなんだかアブナイ反対運動という感じがして抵抗があります。もちろんデモにいったことはないし、そういう性格でもないのですが、なにかしら動かないとどうにもならないのではないかと思い始めています。デモの是非もいろいろ言われているようですが、海外でそれなりの効果を発揮していることも事実。
もちろん、原発推進の立場が全くダメだということはありません。正しい実態をそれぞれ認識して、将来のエネルギー確保をどうするかを議論して、そのうえで原発をどうするのか、そのプロセスがとにかく必要でしょう。でも今の政治屋さんたちにそれをやってもらうのは、もう無理だと思いませんか。大切な今、彼らの茶番に付き合っている時間はありません。
いろいろなデモはすでに各地で何度も行われています。ちょうど今度7月2日に新宿でデモがあり、農民連でバスを出してくれるようなので、もし乗せてもらえるようなら行ってみようかと検討しているところです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。