--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.01 *Wed

395(2011.6.1)

近所では田植えが最盛期。というか、そろそろ終盤に入りました。少し遅めの今年の田植えでしたが、きれいに畔の草が刈られた田に水が入るとやはりすがすがしいものです。

我が家はようやく昨日田植えとなりました。我が家もいつもより1週間くらい遅くなっています。でも今年はおかげで大きめの苗に仕上げられたので、植えた感触はいいです。30羽のアイガモさんたちも只今泳ぎの練習中で、来週くらいから大きなグランドにデビューさせたいと思っています。
それにしても今年の田植えはあっさり終わりました。面積が去年の半分になったのと、おかげで準備に時間が使えたので田植えの仕事は午前中ですべて終わってしまいました。ああ、やっと田植え終わったあーと気持ちの上では感じますが、肉体的な疲れでいうと実感がわかないです。

一方、代掻きの前日まではトマト・ナスなどの夏野菜の定植におおわらわでした。このところ暑くなってきましたから、晴天続きが予想されるときにはあまり苗を植えたくありません。
翌日くらいから雨が降る、という時を待っていたので、ようやくそのチャンスを迎えました。それまで子供たちの病気ケガが続いていたので、思うように作業ができず仕事も溜まっていました。そのあとの代掻きのスケジュールもあったので、2日で一気に畑作りから定植までやったので、こちらはかなり肉体的にもしんどかったです。

とりあえず初夏の二大イベントは無事終了です。あとは天気次第ですが、ときならぬ台風の来襲といきなり不穏な空気が流れております。でも、いい収穫年であってほしいものです。

***************

空気というと、例の原発がらみでまた変な話がありましたね。
1号機への海水注入を官邸からの要請の「空気を読んで」、中断させたとのこと。結局実際は現場の判断で中断させてないというなんとも不可解な話。5月27日の朝日新聞朝刊の1面の見出し「海水注入 中断せず」に、「もうどっちでもええがな」とつぶやいた人は少なくなかったのではないでしょうか。
問題は、原発の純粋な技術の問題だけでなく、その運用というか指揮系統の点でものすごい欠陥がある、ということが今さらながら判明したということだと思います。3月12日といえば、事故の翌日、全国民が固唾をのんで事態を見守っていたさなかで、今回の事故収束に向けたオペレーションの最大の山場であったはず。1分1秒を争う事態のなか、その判断や実際の作業が政府と東電の会議できちんと議論してきちんと出された指示によるものでなく、その場の「空気を読ん」だうえで進められていた、なんて全くウソみたいです。

私はこの「空気を読む」という言葉自体、あまり好きではないので普段使いません。この言い回しは比較的最近出てきたものでしょう。でも、私が会社勤めをしていたときも、この「空気を読む」ようななんともあいまいな態度で実際の仕事が進められてトラブルになった経験が何度もあります。会議で議論していて、結局明確な結論や指示がでないまま、打ち合わせが終結し、なんとなく各部署がその議論の雰囲気から判断してバラバラに行動していたなんてことがしょっちゅうあったのです。あとで「言った」「言わない」の不毛な言い争いをすることになる、時間と労力、カネの無駄以外のなにものでもありません。
会社の小さなトラブルくらいで済めばいいですが、今回のような重大事にまでこのあいまいな、というよりもいい加減なやり方で進められていたのは、全く失望という以外、言葉が見つかりません。

今さらながら、初動で有効な指揮系統の構築がなされなかった、そして未だになされていないということに、今もなお目に見えない原子炉内で悪事をたくらんでいる核燃料と、同じレベルの不安を感じざるをえません。
今、盛んに原発の賛否が議論されていますが、その内容はどちらかというと「地震がきたらどうなる」とか「電力不足にどう対応するか」といった技術的なことが焦点になっています。でも今回の原発事故が東電はもちろん政府が迅速で適切な対応をとっていない、ということが最大の問題点の一つだということも考慮にいれるべきだと思います。「空気を読む」ような仕事をする国や企業に「神の火」を操らせるのは、子供に火遊びをさせるようなもので、少なくとも今の日本で原発を続けるのは無理があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。