--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.27 *Fri

りんちゃん

りんちゃんが天国にいってちょうど1週間になります。
毎日毎日りんちゃんのことを思い出します。使っていたトイレやごはん箱、残っていたごはん、トイレ用の砂。残っているといろいろ考えてしまうので、ネコを飼っている何人かの知人に形見分けのようにお譲りしました。
りんちゃんがいなくなったことを話すたびに、無性に涙がでそうになって困りました。今は最後のねぐらであった倉庫のコンクリの床がガランと空いている空間が、りんちゃんを偲ぶ場所として残っているだけです。

りんちゃんがいなくなった日の夕方、犬のももの散歩がてら、生前りんちゃんをよく見かけたという話を聞いていた山の上のアスパラ畑に通じる道を歩いてみました。その畑のあたりには我が家の畑もあるので、たまにいくのですが、通常は車なのでぐるっと遠回りすることになります。我が家とそのアスパラ畑を最短距離で行こうとすると、途中にお寺と墓があります。我が家の目の前にはそのお墓に通じる急な階段があって、私は彼女がここを上り下りしているのを何度も目撃しました。
その階段を上がると何年かぶりに訪れたお墓が目の前にひろがっています。その間を縫って山を越えるケモノ道のような跡を抜けると近所の人が作ったナメコの原木が杉林の中にずらっとならんでいます。ナメコの栽培をしていることは知っていましたが、普段は忙しくて見に行ったことがありませんでした。驚くくらい大量のナメコの原木が見事に整然と並んで伏せてありました。
今年の大雪のためか、へし折られた大きな杉の幹が何本も原木の上に倒れていました。その木を乗り越えながら杉林を登りきると件のアスパラ畑に到着です。まっすぐ歩いてくれば10分もかからない距離ですが、その道のりに広がっていたのはどれも私が初めてみる光景ばかりでした。りんちゃんはこんな風景を見ながら、私の知らないところで散歩していたのしょう。あるいはたまに催されるネコの夜会がこのあたりで開かれていたのかもしれません。
りんちゃんはこんな風景をみていたんだなあ、としみじみしながら、もと来た道を帰ってきました。

形見分けの時に知人に「りんちゃんはよく、ももの散歩のときに一緒に付いてきていたよねえ。あんな風に散歩するネコは初めてみた」っていわれました。確かにももの散歩の時にはどこからともなく現れて、どこまでも一緒に付かず離れずぐるっといつもの散歩道を歩いていたものでした。私と連れ合い、3人の子供たち、もも、りん、とぞろぞろ歩いているのをよそから見ると、ブレーメンの音楽隊のように賑やかだったのでしょう。もうそんなのも見られなくなっちゃいました。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。