--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.27 *Wed

389(2011.4.27)

このホームページ史上初の同日に二つの記事をアップすることになりました。

ちょっと気になったことが2つほどあったもので。まあ別にここで私が心配しても仕方がないような内容なのですが、なんだか気になるのです。

一つ目

例の福島第一原発の1号機でいわゆる「水棺」作業が始まりました。これは圧力容器に水を多めに注入して、その外を囲っている格納容器内にその水を溢れさせ、格納容器に水をいっぱいに溜めてしまえ、というものです。以前からこの方法については実施する方向と聞いていたのですが、いよいよ始まりました。
理屈でいうともはや穴が空いてしまっている圧力容器に水が溜められないのですから、その外側を覆う格納容器を満水にしちゃえばいい、というのはよくわかります。でもそんなことしたら、格納容器は壊れないのでしょうか。もちろんそんなこと私に言われなくたって強度計算して大丈夫だと思ってやっているんだろうと思いますが、1万トンもの水があの巨大な格納容器に満たされたときの水圧は大変なもののはずです。

すでにこの1か月半はこの容器は温められたり冷やしたりを繰り返しており、外側では爆発もありました。ですから材質もだいぶ参っているでしょうし、付属配管が損傷している可能性もあります。これまでの東電や保安院の仕事の仕方を見ているとどこか行き当たりばったりとの印象が強く、まさかそんなことも考えてなかったのか、とがっかりするようなことがこれまでもありました(タービン建屋内の水漏れがあったために、本来実施するはずだった冷却ポンプの復旧がいまだにできずにいることなどは、そのいい例。ポンプへの配線工事ができないことくらいなぜ予見できなかったのでしょうか。そもそもこれから配線工事をしなけれならないポンプ周りの状況を事前に把握することくらいなぜやらなかったのでしょうか。)。
「水棺」をしたために格納容器の底が一気に抜けた、なんてことが起こったら一体どうなってしまうのでしょうか。海へは汚染水が大量にながれ、核燃料はもはや手が付けられなくなり大気に放出されてしまうでしょう。まさかそんなことは起こらないないと思いますが(そう願いますが)、本当にこれが気がかりで仕方がありません。素人の私が心配してもそれこそ仕方がないですが。

二つ目

昨日東京電力本店に福島・茨城などの農家300人あまりと2頭の牛が抗議に行きました。ニュースでもご覧になった方が多いと思います。私も会津農民連から誘われていたのですが、なんとなくスジが違うような気がしていきませんでした。
もちろん東電に抗議したい気持ちはよくわかります。東電の事故発生後のオペレーションに問題があったことも事実だったと思います。
しかし今回の事故の根幹というか原因を東電のみにむけ、賠償も東電にだけ向けるのが適切なのか、最近考えるようになりました。別に東電を弁護するわけではありませんが、東電が福島に原発を作らねばならなかったのはなぜなのでしょうか。それは時の政治家たちの思惑が強く働いたことが大きかったのではなかったのか、と私は思うのです。もちろん東電のお金で建設され、運転され、事故が起こったのですから、東電に責任があったことは逃れようがありません。でも、そんな重大な事故が予見される発電設備を、火力や水力といった選択肢もあったのにわざわざ建設したのには、それなりの理由があったのだろうと思います。
また事故発生時の東電任せの対応も問題です。設備のことは東電が一番よく知っているからという理屈は当然ですが、廃炉になる損害などを顧みず判断できるのは東電ではなく国(保安院)です。それをいつまでも東電が、東電がとヒト任せにした結果が、いまだ解決を見ない現状の最大の原因でしょう。
そう考えると、政府がいうように「一義的には東電に責任あり」というのはそうかもしれないけれど、大元の責任は国(今の組織でいうと原子力安全・保安院)にあるんじゃないかと思うのです。保安院の人というと、西山さんの印象しかありません。でも彼の上司の顔をしっている人が今日本でどれだけいるでしょうか。
本当の悪人は、私たちの目に触れないどこかに隠れているのではないのかと思えて仕方がありません。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。