FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.29 *Tue

382(2011.3.29)

原発についてはつぎつぎ不安になるような事態が、政府から報告されています。

福島県では、放射性物質が飛散しているので、種まきの時期を遅くするよう農家に要請しています。種まきが遅くなると収穫も当然遅くなるわけで、収量や価格にも影響がでてくるでしょう。それでも蒔ければいいですが、やっぱり植えたらダメなんてことになったら一大事です。

もしそうなったらお金は補償してもらえても、耕作されない田畑はどうなるでしょう。草がボウボウ、その種が落ちて、もし来年耕作できても除草対策で余計な費用と手間が発生してしまいます。我が家のようにもともと草だらけのところはともかくとしても、キチンとこれまで草の管理をしてきた農家にとってはそんな事態は全く心外なことでしょう。種をまかなくても、耕せば草を生やさないようにはできますが、県は放射性物質が拡散するので耕さないように指示しています。ですから、もし今年ダメでも来年は、ということになっても農地の荒廃が一挙に進む恐れがあります。
ただでさえ後継者不足で農業をやめたい人が多いのですから、これを機に農家が激減するかもしれません。
以前からいっているように、農業というのは近所との協力なくしては成り立ちません。それでも残って農業をしたい人も、水路の管理が一人ではできずに結局やむなくやめざるを得ない、という廃業ドミノが起こることだって考えられます。
県の今の指示は県内一律の指導になっており、実態と合っていません。少しでも県内農業の荒廃を防ぐためにも汚染物質の拡散状況を踏まえたものにしてほしいものです。

さて、問題の原発の方ですが、最近やたらと業界でしか使わないような用語が普通にニュースに出てくるようになってきました。「タービン建屋」「復水器」「トレンチ」、さっきは「サージタンク」なんて言葉もでてきました。普通の人は使わないし、いったいどんなものか想像もつかないような代物ですが、そういう用語を使わないと説明できないくらい事態は複雑かつ深刻だということなのでしょう。
でも、それを報じるメディアの方も実際のところ、よくわかっていないような気がします。だからますます私たちに正確に伝わらなくて不安になってしまうこともあるのだと思います。ですから、私たちもそれが実際どういうことなのかよく理解していかないとなんだか変に安心してしまう、ということもあり得ます。

最近よく米国のスリーマイル原発の映像が出てきます。テレビで決まって大写しにされるのは、お寺の鐘のてっぺんをスパッと切り取ったような形をした巨大な施設なのですが、あれは冷却塔ですね。でもああやって映されると、あれが原子炉だと勘違いするひとが多いのではないでしょうか。よくわかっていないメディアの報じ方にはこれからも要注意です。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。