--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.31 *Mon

344(2010.5.31)

もう6月になろうというのに、朝晩は厚手の上着がないと外で仕事できません。こたつもまだしまえないし、おかげで風邪をひくし、いいことはあまりないですね。

この間から我が家の天井裏がやけに騒がしくなっていました。夜はドタバタと走り回る獣の足音。最初はネズミかなあ、と思っていたのですが、それにしてはドタンと大きな音。ノラネコかなあ、とかいろいろ考えていました。

そうした矢先、ある日の夕方に屋根でグルルルルとこちらを威嚇するような鳴き声がしました。ノラネコかと思ってコラッとか脅かしても逃げません。暗闇で見てみると巨大なリスのようです。尻尾は横からみるとS字型に立っていてどう見てもリスです。大きさはネコくらいです。
確かに以前から裏の大きな欅にリスが走り回っていたのは目撃したことはあったのですが、このサイズはちょっと大きすぎます。何かの突然変異種かなあなんて見てたら、そっと逃げていきました。
気になったので、ネットで調べてみると、どうやらムササビのようです。体長30センチくらい、グルルルという鳴き声、すみかの一つに屋根裏とあります。なるほど夜のドタバタの正体はこいつだったのかもしれません。

子供の時分、箱根に住んでいたときに、庭の木にムササビが住んでいる、ということを父親から教えられたのを覚えています。ムササビは、滑空することで知られていますが、その当時は人に向かって飛んできて人の顔に貼りつき、息ができないようにして人を殺すという話を聞いていました。そんなコワイものは嫌だと、その木にはなるべく近付かないようにしたものです。
もちろん、そんなことはないのですが、昔からムササビはその鳴き声から、妖怪のように恐れられていた、とネットに書いてありました。

まあ巨大ネズミよりずっとマシなので、ちょっとほっとしましたが、まだしばらく屋根裏ドタバタは続きそうです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。