--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.24 *Mon

343(2010.5.24)

今日は、多分今年初めての大雨。このくらい降ると気持ちいいです。どの田んぼの水も満タン、堰からは水があふれかえり、川は茶色の濁流になっています。こういう雨を見ると、ああ、夏だなあと実感します。

田植え終わりました。1週間前までは「お前、今年は田んぼやらないのか」と言われるくらい何もやっていなかったのですが、一気に田植えまで駆け抜けてしまいました。晴天と雨降りがうまい具合に交互にやってきたのも幸いしました。おかげで畑仕事は全くできませんでしたが。
今年1アールほどの小さい田んぼを新たに借りました。小さいけれど、今借りている田んぼのすぐ横にあることもあって引き受けることにしました。借りたもうひとつの理由は、子供たちに田んぼ仕事をさせたいと思ったからです。喜多方市では小学校の高学年で農業科という授業があります。ここで田畑を自分たちで耕したりするようです。喜多方のような農業の盛んな地域でも農作業を授業でやる、というのは良く考えるとちょっと面白いです。なにも学校でやらなくても自分の家でできそうですが、実際はそうではないのですね。
特に大規模農家になると、あらゆる作業が機械化されていて、子供が手を出せる仕事がほとんどありません。我が家ののような自給的な田んぼでもかなり機械化されているので、確かに小学生ができることは限られています。
でも、自宅でお米を栽培しているのに、「学校の授業で」産まれて初めて田植えをやった、なんてちょっと恥ずかしい話です。

小さい田んぼでは機械を入れるのも一苦労という感じなので、かえって手作業でやった方が早いです。代掻きは田車で、田植えはジョウバンでスジをつけて、手植え。
子供用の田長靴というのはないので、靴下をはいて田んぼに入れることにしました。でも子供たちはちょっと躊躇しています。私が長靴では示しがつかないので、私も靴下だけにして入ることにしました。田んぼの中というのは思ったより冷たいですが、なれるとこのどろどろ感が心地よいです。子供たちもようやく泥に入ってペタペタ歩きまわっています。せっかくスジを付けたのにだいぶ消されてしまいました。でもまあ、そうやって泥遊びをすることも少ないですから、大目に見ましょう。
しかし靴下だけで入ると(ズボンは汚れないようめくっていた)、大きな問題がひとつ。ヌカカ(蚊)の攻撃です。とにかく痒いのなんの。ふくらはぎのあたりが特にひどくて、家に帰ってからすぐに薬塗りました。汚れてもいいからズボンの裾は靴下に入れてしまった方がよかったです。
子供たちはその場ではあまり痒がらず平気で遊んでいたのですが、帰ってからやっぱり痒くなったみたいです。

肝心の田植えは1列も植えないうちに飽きてしまって、泥遊び。まあ予想はしていましたが、結局私一人で植えました。しかしスジはだいぶ消されてしまっていたので、まっすぐに植わらず出来上がりは小学生並みです。

スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。