--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.10 *Wed

335(2010.2.10)

猛烈な寒さが続いたかと思ったら、こんどは一転雨。季節の変わり目なのかもしれませんが、このところの激しい気候の変化が気になります。

昨年の今頃は、そろそろ育苗ハウスのビニール張りの準備をするか、というくらい雪が少なくのんきにしていたのですが、今年はまだまだ雪が残っています。しばらくこちらの仕事はできそうもないので、今のうちに恒例の味噌作りを進めてしまいます。

ここ数年、麹作りを人にお願いしていたのですが、今年はまた以前のように自分で作ることにしました。前に作っていたときは、隣の熱塩加納村(あつしおかのうむら=すでに山都町とともに合併されて今は喜多方市熱塩加納町ですが)の加工施設を利用していました。ここには製麹機なるものがあり、蒸した米をこれにセットすると自動的に麹になる、という画期的な機械なのです。まあ、実際は、うまく麹にするには人の手で面倒みてやる必要があり、完全に自動というわけではありませんでした。
加えて、一気に30kgの米を仕込むことができるのはいいのですが、これだけ大量にセットすると、麹が焼けたりなんだりでうまくいかないことも数年やってみてわかりました。そしてなによりこの施設までいくのに小一時間もかかるので、マメに面倒がみられない、という事情があります。

そこで、今年は育苗用電気マットを使って自家麹作りに挑戦することにしました。麹菌が活動するまでは保温、活動が活発になってからは冷却(麹菌の発酵熱を逃がすため)してやらねばなりません。臨機応変に温度調節できるよう装置をこしらえてやる必要があります。農業用のトンネルと電気マット、扇風機それにサーモスタットを組み合わせた、自家製製麹機が誕生しました。

まず1回目(10kg)の仕込み。まず10kgの米を蒸すというのが大変なこと。せいろなどないので、鍋にざるをセットして蒸してみました。これが意外に蒸し器代わりになるようで、4回くらいに分ければ半日ほどで仕込み完了。に引き込むと最初はちょっと時間がかかりましたが、翌日には活発に麹菌が動き出しました。蒸しが足りなかったのか、十分に白くなる前に活動が終わってしまったのですが、香りは麹のようなものが完成。

蒸しと引き込み温度さえ気をつければ、なんとかうまくできそうです。ただ今2回目(10kg)の仕込み最中で、順調に温度が上昇しています。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。