--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.12 *Tue

332(2010.1.12)

遅くなりましたがあけましておめでとうごさいます。今年もよろしくお願いいたします。よいお正月をむかえられましたでしょうか。
会津は大みそかから元旦にかけて吹雪で荒れ気味でしたが、何事もなく静かなお正月でした。

正月明けに、新型インフルエンザの予防接種に出かけました。1歳未満児の親ということで私も一応優先接種者に入っているのです。町にひとつしかないお医者さん(昨年、LDLコレステロールの診察を受けたところです)に行ってきました。ここで接種を受ける人があまりいないのか、当日の接種予約を決めるのにちょっとだけ苦労しました。ワクチンは1アンプルで2人分だそうで、1回蓋を開けたら1日で使い切らないといけないので、私以外にもう一人希望者がいないとダメとのこと。まあ、なんとかうまくお相手を見つけてくれたようで、無事予約成立です。
医院では誰もいない病室に通され、院長さんが来るまで2・30分は待たされたでしょうか。本棚には子供向けのコミックと女性自身といった雑誌しかなく、なんとも手持ち無沙汰。雪がちらつく外を眺めたりしているうちに、一冊の写真集がベッドに置いてあるのを発見しました。題名は「昭和の会津」(あれ?会津の昭和だっけ)。これは昨年発行されたもので、刊行にあたっては1年くらい前から、家にある昔の写真を提供してもらえないか、と新聞チラシを配って、方々から集めていたようです。普段着の昔の会津が垣間見られそうでなかなか面白そうな写真集だなあ、見たいなあとは思っていたのですが、これ一冊で9,990円もするのです。
町の名士の家なら購入していると踏んで、お茶のみにいく機会を伺っていたところでした。それが思わぬところで遭遇、というわけです。

B4判で厚さ2センチほどでかなりの重量、1万円ほどのお値段は納得。
昭和ひとケタ頃の写真からスタート。このころの写真は大商人や役場関係者が撮ったとみられるものが多く(写真自体がとても珍しい時期なのだから当たり前ですが)、旅館の前での記念撮影、消防関係者のもの、橋や建物の竣工記念など。
10年代に入ると戦争の影が色濃く、若者の出征前の写真、学校の校庭を開墾しての農作業、鍋釜を集める様子。この辺りは見ていて、かなりつらいものばかり。
戦後は一転、貧しいながらも笑顔が見え始め、町のスナップ写真や、農村部の様子がわかるものも多くなります。川で子供が泳いで遊んでいるシーンはとてもよかった。山都町の関係では、一ノ木地区の神事の様子や大雪に見舞われた商店街の写真くらいしかなかったのが残念。
と、昭和40年くらいのところで、タイムアップ。あと半分くらい残したところで、後ろ髪を引かれる想いで、医院をあとにしました。またどこかで後半、じっくり見たいと思います。(よく考えたら、図書館にありそうですね。)
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。