--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.20 *Mon

カモかも?(2007.8.20)

カモ田の稲は穂も出揃い、いよいよ収獲の時期が近づいてきました。イモチも今のところそれほど影響が出ていない模様です。

カモが田んぼにいた頃は、草だけでなく、おたまじゃくしやアメンボといった動物・虫たちも食べ尽くされ田んぼに近づいても水音一つしませんでした。そのためカモ除草は田んぼの生態系を狂わせてしまうと言う人もいます。確かにちょっと不気味なほど生き物がいなくなってしまうのですが、今こうして水を湛えた田んぼにはカエルたちが泳ぎ回り、稲にはくもの巣がかかり、生き物の活動は何一つ変わっていないように見えます。
この田んぼにだけたった1ヶ月間カモが泳ぎまわっただけですから、生態系が狂うほどの影響はないように思います。

18羽のカモたちは、現在わが家の小屋のそばのケージ内で飼育されています。その中に1羽、ひなの頃から足の調子が悪い子がいました。カモは集団行動する習性がありますから、どこに移動するにもこの子は集団のびりっけつで置いていかれまいと一生懸命泳いでいました。
田んぼから引き上げられる頃には体の大きさの違いは歴然としていて、他の個体の半分ほどでした。毛艶も悪く、いつも羽は濡れた状態。ケージ飼いになってからは長雨の時はこの子だけ雨の当たらないところで別飼いにしたりもしました。そんな時は仲間から離れるのが寂しいようでよく鳴いていました。
集団にもどるとうれしそうにけなげに、いつでも一生懸命、本当に一生懸命仲間について行こうと必死に歩いていました。近所の人からもいつも「あの足の悪い子は元気か」とカモの様子を見にくると気にとめられていました。
草のツルなどに足を取られ動きがとれないこともしばしば。先日、ケージのなかでケージの網に足を取られ身動きが取れないまま1晩雨に当たってしまったせいで弱ってしまいました。
すぐに別飼いにして様子をみていましたが、いつもの元気はありません。ちょっとエサを食べるようになったので、仲間の所に戻しましたが、いつもと様子が違います。また小屋の中で世話をしていましたが、昨日・・。

土に埋めてやるときに手にとると体の大きさは皆の1/4ほどで、田んぼから上がったときからほとんど大きくなっていませんでした。自然淘汰といえばそれまでですが、なんだかいつも気にかけていただけに、心にずしりとくる死でした。

毎朝ケージの扉をあけると皆いっせいに外に出て散歩していきます。いつもケージの中にひとり取り残されるあの子は今朝はいませんでした。
スポンサーサイト
CATEGORY : カモかも?

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。