--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.20 *Mon

249(2007.8.20)

お盆を過ぎ、会津はいつものように涼しくなってきました。お盆前後の10日間は、昼間は外に出られないほどの猛暑。ちょうどこの期間はお客さんがきていたので、それにかこつけて朝晩の畑仕事しかしませんでした。長期予報では今年の夏は一部を除き涼しい夏だったはず。全国的にも猛暑で予報はものの見事にハズレたということでしょうか。

先日、消防団が着るハッピの寸法とりにいってきました。なんでも山都町も含めた喜多方周辺町村が合併したのでハッピを新調するとのこと。ずいぶんムダなことをするもんだと思いながら会場にいってみると、いつも着ているハッピ以外に活動服なるものも新たに用意するのだとか。活動服というのは、よく消防署の人たちが普段制服のように着ているようなものと同じようなものです。作業着というか、確かにハッピに比べれば現代的、活動しやすい服装ではあります。
それではどっちかでいいのではないかと思って役場の職員に聞いてみると、活動服は年に2回ある検閲式の時に着て、いざというときの消火活動はハッピなのだそうです。??これってちょっとおかしくない?ただでさえ出動の機会がほとんどなく(しょっちゅうあったら、大変!)従って着る機会もほとんどないハッピで検閲式に出たっていいはずです。現に今までそうしていたのですから。
しかも活動服で消火活動というのならわかるけど、そうではない。???
噂によると今回のハッピ、活動服の新調で1人あたり5万円ほどの費用がかかるのだとか。新市内で約1300人の消防団員がいるそうで、ざっと6500万円の出費。もちろん喜多方市の負担ですが、国から相当な額の補助金がでているそうで、今回こんな豪勢な新調になったようです。
私たちの、そしてこれを読んでくださっている方々の血税がいまさらながらこんな無駄なことに使われていることに本当に憤慨してしまいます。いわゆる「平成の大合併」は国と地方の借金を減らしていくことが大きな目的であったはずです。その目的のためにもっと使うべきことがあるはずです。
今私が使っている背中に大きく「山都」と書かれたハッピを着ていては消火活動に何か支障があるのでしょうか、目の前の火が消えてくれないとでもいうのでしょうか。

同じようなことは全国で行われているはずです。こんなことを阻止する手立てはないのでしょうか。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。