--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.27 *Mon

219(2006.11.27)

今年も残すところ1ヶ月余り。例年より寒さはゆるいように思いますが、時折ものすごく寒い朝があったりして、そんな日はつらいです。そのためかなんとなく体調がよくない感じです。季節の変わり目ごとに体調を崩すのはやはり歳のせいでしょうか。


061127k&m最近オレたちの出番が少ないぞ~!



もうじき雪の季節になるので、秋の最後の仕事、ハクサイ・ダイコンの収穫をしました。今年のハクサイはこの5年間で一番の出来、というよりは初めてハクサイらしいものが揃ってできました。毎年20株に1つくらいしか「ハクサイ」ができなかったのに、ものすごい進歩です。ダイコンも去年に続いて豊作。なんとか冬の野菜確保はできました。
と喜んでいた矢先、今年はハクサイ・ダイコンが安すぎて生産調整つまり畑で潰しているとの報道。うちでさえ、こんなにできたのだから、世間のプロ達はかなり豊作だったということでしょうか。確かに暖かくほどほどに雨が降った秋でしたから、作物にはよほど快適だったのでしょう。
去年も春にキャベツがだいぶ廃棄されましたが、こういうニュースに触れるにつけ、理想と現実のギャップに苦しむというより、純粋に悲しくなります。

そろそろ当地でも初雪が降る時期。冬・雪の準備も順調に進んでいます。
家の雪囲いはだいたい終わりました。ちょっとは時間に余裕ができてきたので、今年は「世間並み」の時期に出来ました。
車のタイヤも早々と冬用に替えました。いつもは雪がちらつく中、寒さに凍えながら車の周りを這いずり回っていましが、今年は暖かい気持ちのよい日にタイヤ交換できました。
インターネットの天気予報では、今週末から雪だというのを信じてのことでしたが、別のサイトや某国営放送局では雪どころか晴れ続きという予報を出しているところもあり、どちらを信じたものやら。

話はだいぶ変わりますが、我が家のすぐ前にあるお寺が改築されることになりました。私は檀家ではないし仏教徒でもないので、関係はないのですが、もうだいぶ古くなったお寺を突然全額自費で建て替える、というお坊さんが出現したのです。
何でこんな山奥に新品のお寺を建ててくれるのか経緯や目的はよくわかりませんが、いまどきそんな気前のいいお坊さんがいるというのもなんだか不思議というかせっかくの好意には悪いけれどちょっと気味が悪いくらいです。ムラの檀家の人たち(つまりは僕らのようなよそ者以外の人たち)は手放しの喜びようなので、そんなこと口にできないのですが。
そのお寺の地鎮祭に「五穀」を奉納することになりました。五穀というと米、麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(キビ)、大豆といったようなものをとにかく5種類揃えればいいのですが、いまどき粟、稗、黍といったいわゆる「雑穀」(私はこの言葉はあまり好きではない。雑草、雑魚と同じような感じで、いかにもさげすさまれた呼び名のような気がして)どころか、昔はみんな栽培していた麦でさえ、ムラの人は誰もつくっていません。うちで少し小麦をやっているので、少し分けて欲しいということになりました。檀家でもないし、地鎮祭にでるわけでもないので、ちょっと違和感もあったし、なにより虫食いだらけのあまりよくない小麦なので、やんわりと断ったのですが、結局ひと掴み提供することになりました。
聞けば、この五穀は小さな壷にありがたいお経とともに収められ、幾久しく地が鎮められるようにとご本尊の真下に埋められるそうです。前のお寺がいつ建てられたのかわかりませんが、外観からみて5・60年は経っていそうです。
我がへなちょこ小麦はこれから半世紀にも渡る大役を任されたことになります。

地鎮祭を前に、前のお寺の解体が始まりました。屋根は昔ながらのカヤ葺きで、大量のカヤ屑がでました。たまたま工事現場が目の前だっということもあり、私のところに「堆肥にでも使わないか」というお話。いちもにもなく引き取ることにし、畑に運んでもらいました。山の中の小さな畑に突如出現したカヤの山。4トンダンプ1台分(重さは大したことはないだろうけど)はあろうかという量です。来年は堆肥作りに苦労しなくて済みそう。
へなちょこ小麦ひと掴みのご利益でしょうか。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

どうも。ご訪問ありがとうございます。

写真、アップロードがちょっとおかしくなっていたようで、修正してみました。これでみられるでしょうか。



さてさてお子様の方は、なかなか「活動的」になってきているようですね。うちも多少は収まったものの、頭を痛めております。カゼも引かず元気なことを幸せだと思いましょう。



一口残すのはある種の文化なのかもしれませんね。なにか民俗学的な意味があるのかと、ちょっと興味があります。
2006/11/30(木) 17:54:00 | URL | ねこみみ #79D/WHSg [Edit
写真見れました。

ありがとうございます♪



うへへ

やっぱりかわいいですのぉ~

コウスケ君の天真爛漫な笑顔、

マサヤ君は随分大きくなりましたね

凛々しい顔立ちで、美味しいものを沢山食べて、コロコロちゃんかな?

自分の子のように、鼻の下が伸びちゃいます(笑)





2006/12/01(金) 10:06:00 | URL | コブタ #79D/WHSg [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。