--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.10.25 *Mon

140(2004.10.25)

23日は降霜。当地でも初霜が降りました。早いもので10月ももう終わりです。今年は台風が次々上陸して、大変な年でした(と、いうのにはまだ早いですね)。だいぶ野菜の価格にも影響がでているようで、新聞で卸値を見ていると信じられないような高値が葉物野菜を中心についています。

先日の新潟中越地震(正確な地震の名称は何というのかわかりませんが)で、新潟ではかなりの被害があったようです。被害に遭われた方には本当にお気の毒です。ここ山都町でも新潟との県境に近いこともあって、だいぶ揺れを感じました。震度4だか5だったようですが、久しぶりに大きな地震に遭いました。
私は実家が伊豆ということもあって、地震には比較的慣れているつもりだったのですが、幸いこれまで大きな地震に遭った事がなく、このくらいの揺れでだいぶビビってしまいました。
ちょうどこの日は山都町の新そば祭りがあり、そこに野菜などを出品したあとの片づけをうちでしている最中でした。会津は地震がほとんどない地域なため、初期微動ではおおっ地震か?、という感じだったのですが、そのあとわさわさと大きく揺れたのには驚きました。直後に停電になって真っ暗になってしまって、おおこれはえらいことになったぞと慌ててしまいました。
直後に連れ合いの実家から心配の電話をくれたので、どこで地震があったのか知ることができたのですが、 近所の人は何がなんだかわからない状態で外に飛び出していたようです(最近町の防災無線が各戸に配られたのですが、何の放送もなく、全く失望してしまいました)。
とりあえず、懐中電灯とラジカセのスイッチを入れていると、大きな余震があって、何だかいやな予感がしました。「オジヤシで震度6強」をひたすら連呼するラジオとうんともすんともいわない防災無線の端末を見比べながら、いつでも外に出られるように縁側で家族3人、着られるだけの服を着て備えていました。外は月明かりだけのしんしんと冷える闇。
ようやく役場の担当者が到着したのか、防災無線が妙に落ち着いた口調で地震とは全く関係のない挨拶を始めました。ようやく本題に入りかけた直後、また大きな余震。マイクの向こうで明かに慌てふためいている雑音やらうめき声が聞こえたかと思ったら、無線は途切れてしまいました。
それからしばらくして、ようやく明かりが・・。早速テレビを点けてみるとどこも地震特番。福島の被害状況は山都町で停電発生と全国版で放送されていました。どうやら福島県では唯一の被害だったようです。しかもこの停電はうちの近辺だけ。

というわけで、我が家の被害は全くありませんでした。いろんな方から心配の電話やメールを頂きました。ありがとうございました。

停電が復旧しました、というたった一言、防災無線が、遅くなった夕飯を食べている最中に入ってきました。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。