--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003.02.10 *Mon

69(2003.2.10)

九州でははやくも春一番が吹いたとのこと。春の足音が確実に聞こえるようになりました。ここ会津でも立春(4日)を過ぎたあたりから急に陽射しが柔らかくなってきています。立春といいながら2月なんてまだ寒いじゃない、と思いがちですが、季節はちゃんと移り変わっています。日本の「暦」というのは本当によくできているなあ、といつもながら感心してしまいます。

030210sanpo
みんなで散歩

3月からは野菜苗の準備などが始まるので、のんびりできるのもあと僅かです(本当はのんびりするつもりもなく、アルバイトするつもりだったのですが)。農地は去年より大幅に増やすつもりだったのですが、いまのところまだ適当な場所が見つかりません。去年は雪が解けた頃にお借りしたところがほとんどなのでこれからたくさん借りられるのかもしれませんが。
近所に使っていない田畑があるのですが、いろいろ複雑な事情もあるようで今のところ無理にお借りするのは遠慮しています。
こういう状況では朗報といえるのどうかわかりませんが、来年度から遊休農地を放棄していたらその持ち主に罰則を課す、という制度ができるそうです。農業の活性化のための施策だそうですが、内容をみると手放しで喜べるものではありません。
農地を放置しているのは高齢化や後継者不足で耕作できない、とか農業では食っていけない、という事情が少なからずあるはずです。そうした個々の農家の切実な問題を解決する有効な手だてを国や農協が打たぬまま、罰則だけを課すやり方はあまりに酷です。
極端なことをいえば個人の農地を耕作放棄しようがしまいが地主の勝手です。重大な落ち度もない農家を一方的に悪者扱いするようなルール作りは、いつものことながら、国の大規模農家優遇・画一的農業推進の意図が見えてきます。
やる気のある者に農地を使わせろ、という考えは正しいと思いますが、まず先に従来の農家に農業をやる気にさせる環境作りをしてもらいたいところです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。