FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003.03.17 *Mon

73(2003.3.17)

雪融けがどんどん進み去年より早い春の訪れかと思いきや、雪の降る日がまた多くなってきました。普通の年よりは早い春なのでしょうが、去年はえらく早く雪が降ったのでこの冬はずいぶんと長く感じます。

030317momo
そういえば、ももがわが家に来てちょうど1年

そうはいっても3月に突入してしまったので、野菜の苗の準備にとりかかりました。

去年はトマト・ナス・パプリカ・ピーマンといった夏野菜の苗を全て近所の農家に栽培を頼んでいましたが、今年はいくらか自分で育てることにしました。ただこれらの苗は失敗すると今年の夏は遊んで過ごすことになってしまうので、一部は去年同様育苗をお願いすることにしています。
夏野菜の苗作りで難しいことのひとつは温度の確保です。これらの野菜は25~30℃という高温の下でしか発芽しません。こうした温度を自然状態(気候まかせ)で得るにはあと何ヶ月か先まで待たねばなりません。仮に5月頃に発芽できても最初の花が咲くまで約2ヶ月、さらに実が収穫できるようになるまで更に1~2ヶ月必要なので8月か9月に初収穫ということになります。会津の9月といえばすでに秋、翌10月中旬には霜が降ります(夏野菜は霜が降りたらアウト)。
ビニールハウスの中で栽培していけばよさそうですが、雪の問題もありますし、生育中もそれなりの温度が必要なので暖房も要ります。秋から冬にトマトが出荷できれば値段もそれなりに高くなるのでしょうが、一応私のところではできるだけ余計なエネルギーを使わず、旬を大切にする露地栽培を基本にしていますからできれば避けたいところです。
ですから育苗を3月に開始する必要があるのです。この場合でもビニールハウスの中で苗を育てることになるので、やっぱりハウス栽培じゃないの、という声も聞こえそうです。これらの作物はアンデスや熱帯アメリカ、インドといった気温の高いところが原産で、沖縄などを除き日本で育苗から収穫までを露地栽培でしかもそれなりの収量を得ようとするのにはもともと無理があるということもまた事実なのです。
そうした矛盾は抱えつつも、会津の、昼間でも気温が10℃以下という環境で25℃以上の温度を得る方法を考えます。

現在一般的なのは電熱線で熱をとる方法。設備費と電気代はかかりますが、苗は小さいので、背の高さが1m以上にもなる成木をハウスで囲ったり熱をかけるのに比べたら比較にならないほど安い費用で済みます。但しこれは結構最近の方法で、2・30年ほど前は発酵熱を利用していました。
稲藁に馬糞や下肥(シモゴエ、要するに人の落し物ですね)を混ぜて発酵したときの熱を使うわけです。いまではこの方法を使う人はまれになりました。
今年の私の方法はこの発酵熱利用です。といっても近くに馬はいないし、下肥を使う勇気はまだできていません。一番簡単なのは「季節は今」の肥料作り編で紹介した肥料の発酵熱の利用です。これだと肥料の温度は50℃くらいまで上がります。難点はこの温度が長続きしないこと。そこで私が教わったのは落ち葉や稲藁を鶏糞などと混ぜて発酵させる方法です。家庭用の浴槽ほどの大きさの枠をこしらえて、この中に落ち葉や稲藁の他、豆ガラ(大豆の殻)、野菜クズ、貰ってきた使用済みのナメコ栽培用菌床などとにかく手に入るあらゆる有機物を鶏糞や米糠(これが発酵のタネ菌となります)と混ぜて投入します。これで1ヶ月くらいは熱を発してくれるのではないかと期待しています。
この方法のいいところは、電気エネルギーを使わなくて済むことですが、これに加えて来年にはこれが質の良い堆肥に変わっていることです。この堆肥は育苗土に最適なものです。今年は熱源として、来年は土として使う。サイクルは1年と長いですが、無駄がないのが魅力です。
最大の問題点は手間がかかることと、予定通り熱を発してくれるかどうか、です。

熱が出るまで、しばらく実家に一時帰郷して待ちました。

030317mr2
あたいたちも車に乗せて連れてってもらった。
車の中でも仲良くお互いペロペロ舐めあう。
030317mr1
りんの右ストレートに応戦するモモ。




スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。