--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.04.19 *Mon

119(2004.4.19)

040419kou
当地では今週桜が咲きました。ここ2週間ほど続いた晴天のおかげで近所の桜は咲き始めから2日くらいで満開です。ミツバチやチョウ、カエル、ウグイスといった連中も活動を始めたようです。

ようやくスキー場のアルバイトから解放されました。「本業」の仕事が山積みになっていたので、ここのところの晴天続きをいいことにあれこれとやっつけていっています。あまりに雨が降らないので、畑に蒔いた種は芽が出ず、苗の水遣りに時間がとられるという難点もあったのですが、たまったツケを払うには都合のよい出だしです。

今年で3年目になる農業は、スタイルはこれまでと変わらぬ方法で作物を栽培し続け野菜便で販売する、ということになるのですが、作付け面積や作物の種類は多少変わってきます。
作付け面積については、野菜の畑が1年目約25a、2年目39a、今年は43a(1 aは100m2)といつのまにか結構な広さになってきました。
たんぼも1・2年目6aだったものが今年は約30aと急に増えることになりました。これは今年から減反政策が変わったことも要因しています。いままでは国の全量買取りを条件に生産量を絞らせ、代りに奨励金を出していたのですが、国の方針が変わって、好きに作っていいけど決まった量しか国は買わないよ、余った分は自分で売ってちょうだい、ということになりました。いままで、減反したたんぼにはソバだの大豆だの麦だのを栽培していた農家も米作に切り替えるところが多く、今年は一気に米の生産量が増えそうです(米の価格がだいぶ安くなるのは間違いなさそうです)
代りに大豆畑はいままで20~30aやっていたのですが、この減反政策の転換のおかげで大豆を栽培していたたんぼが使えなくなり、いまのところ大豆畑を探している最中です。

作物についていうと、野菜はだいたいいままで通りなのですが、今年からリンゴの販売をする計画です。リンゴはお隣の喜多方市で栽培放棄された畑を何人かで共同で借りうけ、世話もみんなでやる、というグループにいれてもらうことになりました。収穫リンゴの割り当てはだいたい樹1本分ですが、少しは販売することができそうです。
ただ、リンゴやナシ・モモなどの果樹は無農薬で栽培することはほとんど不可能です。喜多方地方の標準的な防除暦に従った農薬施用になります。
あと秋には2年前に共同で醸造委託した醤油ができ上がってきます。出来の程はわかりませんが、自分たちで栽培した大豆や麦、自然塩で樽仕込みした醤油がどんなものかとても楽しみです。

スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。