--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.24 *Mon

206(2006.7.24)

梅雨らしく長雨が続いています。最近ようやく晴天の日もありましたが、長続きせずこれからも数日は晴天は望めそうもありません。この時期は毎年そうですが、大雨が何度もあり、あちこちで土砂崩れが起こって道路に落ちてきたり路肩が崩れたりしています。近所でも田んぼが一つまるまる土砂に埋まってしまいました。


060718dosya
うちの畑のすぐ下のがけが崩れ、田んぼが一つつぶれてしまいました。


困ったのは畑が乾かないことです。作物の世話をしてやりたくても足を踏み入れるとずぶずぶとぬかるんでいてとても近づけません。機械を使っての草取りなどまったくできません。水分はたっぷりあるので、草だけは目を覆いたくなるほど伸びています。早くとってやらないと機械でもとりきれなくなり手遅れにならないかと気がもめます。だからといって手では取りきれないし。
作物の生育や病気も心配です。トマトは葉っぱがカビてきました。キュウリの葉も茶色くなってきました。暑いのが好きなナスやオクラはちっとも大きくなりません。それに加えてナスにはテントウムシの来襲。昨年末の大発生を見て、今年はテントウムシにやられそうな気がしていましたが、現実のものになってしまいました。隣の畑でジャガイモを作っている人がいることもあって、これが引っ越してきたようです(ジャガイモの近くにナスやトマトを作付けしない、というのは菜園作りの基本なのですが、いかんせん他人の畑なので、つくるなとはいえないし)。葉っぱだけでなく実もかじるので、味は変わらないのですが、見栄えが悪くなってしまいます。(よくファスナーのような虫食いの跡がありますね。あれです。)


060724musi



今は朝も早やから、テントウムシをひねり潰しています。テントウムシは星の数が少ないものはそれほど悪さをしないそうですが、わがナス達をいじめているものの殆どは星の数が24。2つ星のものもチラホラですが、圧倒的に悪党優勢。
100本ほどのナスの樹一本一本、あのいまいましい虫を素手で潰していきます。あっという間に指先は真黄色。ひどいのは1本に10匹以上ついていたりして、朝から気がめいります。さらに腹立たしいのは彼ら(彼女ら)の逃げ方。葉っぱについているものを上から捕まえようとすると、葉っぱにしがみついている手足の力を抜いて、樹からわざと落ちるのです。警戒心の強いヤツは人が近づいただけで、コロリと逃げていきます。1つの樹に何匹もついているときは他の奴らに悟られないように慎重に捕獲。1つの葉に何匹も止まっているときは・・、その葉をさっと水平に皿のようにして転げ落ちないようにしてから、1匹づつ料理していきます。運良く難を逃れたものは地面に落ちて姿がわかりにくくなるので、半分くらいは抹殺し損ないます。
この作業をしている時いつも思うのが、「テントウムシのサンバ」なんて歌がなんであるのか、ということ。「♪・・テントウムシがしゃしゃり出て、サンバに合わせて踊りだす~♪」こいつらがそんなことをし始めたら、と思うと腹の底から怒りが込み上げてきます。農家の新郎・新婦の結婚式では歌わないことをオススメします。


060724hatake
たまの晴天にはとーと(とうさん)と土いじり
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。