This Archive : 2010年10月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.25 *Mon

369(2010.10.25)

そろそろ当地でも霜が降りそうな寒さになってきました。冬将軍の到来もそれほど遠くないようです。

只今、米穀検査のお手伝いの仕事をしております。米穀検査は、最近ニュースにもなったので、「そういうものがあるのか」と再認識された方も多いと思います。個々のお米の出来栄えを検査するもので、きれいな米粒の割合が高いものから1等、2等、3等、規格外と30kgづつ詰められたお米1袋ごとに判定されていきます。
ニュースでは、いつもの年ですと8割くらいは1等がついていたものが、今年は6割程度、ひどい県では2割くらいになっている、ということでした。原因の一つは夏の猛暑による高温障害といわれており、通常飴色をしている玄米の粒が乳白色になってしまいます。検査しているところを横で見学させてもらうと、2等以下の米のサンプルはこの乳白色の粒がかなり目立って混入していました。確かに素人目にも「うーん」とうなってしまうくらいです。
またカメムシの食害粒というのも判断材料になります。稲の開花後に穂にとりつかれて液を吸われた米はちょこっと黒い点が見られます。今年はカメムシが大発生し被害がかなり心配されたのですが、思ったほどではなかったようです。ですが、これもちらほらと減点の対象になっているものがあります。
ただ、検査の1等・2等・・はあくまで「見た目」だけの判断であって、栽培方法や食味などは一切判断材料になっておりません。

今年は稲作への個別所得補償支払い制度の初年度で、減反に協力した農家に10aあたり一律15000円が配られることになっており、これがかえって米の価格を押し下げる要因になっているようです。お米の取引業者は早くも個別所得補償をたてに値引き交渉をしているとのことです。個別所得補償の趣旨はあくまで生産費と安い価格とを穴埋めするためのものであって、さらに値引きなどされたら、農家はさらに苦しくなるだけです。(以前、ここで書きました通り、我が家はこの個別所得補償は受けておりません)

作柄もほぼ平年並みで、1等米が減るとますます農家の手取りは下がってしまうことになるでしょう。高齢率の高い山間地を中心に、稲作をやめてしまう農家が増えることがとても懸念されます。

ちょっと話は変わってしまうかもしれませんが、最近熊の出現のニュースをよく目にします。ニュースの解説には決まって「里山の荒廃が原因」と書かれています。ではその荒廃はなぜ起きたのか。それは中山間地の農業の衰退の原因と同じではないかと私は思っています。

スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2010.10.18 *Mon

まど(2010.10.18)

稲刈りが終わり、まだ植えていないニンニクや小麦の準備を急いでいます。といってもまだそこまで手が回らず、途中で故障したバインダーを直したり(無事に修理できました)、脱穀機をきれいにしてしまったり、小屋を片づけたり、田んぼに転がっている稲わらを片づけたりに追われています。
田んぼの稲ワラは生ですき込むと翌年イネミズゾウムシを増やすことになるという話を聞き、今年は完全に片づけてしまうことにしました。そしてできれば、秋に田んぼを軽く起こしておきたいと思っています。

来週には冬の仕事が始まってしまうので、とにかくニンニク、小麦、そしてタマネギをやっつけて、キュウリのネットやトマトハウスも片づけてしまいたいのですが、そこまではちょっと難しいでしょうかねえ。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2010.10.18 *Mon

368(2010.10.18)

今頃になって比較的晴天が続くようになった会津地方です。そして朝晩はぐっと寒くなりました。そろそろストーブが欲しくなってきました。

今年は各地で熊出現というニュースが多いようです。福島県内での目撃数も200件を超えているそうです。実は私も先日初めて、生でクマと対面いたしました。といっても車に乗ってのことですが。
朝の6時過ぎ、いつものように農道を軽トラで走っていると、道路左の畑の中をカラスが数羽ばたばたと飛び立とうとしているように見えました。カラスというのは見間違いで、それは慌てて農道を横切るクマの親子でありました。親熊の体長は1メートルほど、小熊は2頭でかなりまだ小さいようでしたが、ころころと太っていました。体毛はどちらも思ったより真っ黒ではじめにカラスと間違えたのはそのせいでした。(目撃したのはおそらくツキノワグマで、私の想像していたクマの色はヒグマのような茶色でした。無論、ここにヒグマはいませんが)
農道を横切った先、右側の山の斜面に逃げようとする3頭を5メートルくらいの距離で観察してみました。親は子供たちが急な斜面を登るよう後ろから誘導したあと、私の方に一瞬近付き、威嚇したような感じでこちらをみていました。子供が登りきるのを確認すると、自分も後をおっていきました。その間ほんの数秒でしたが、親が子を守ろうとしているのがよくわかります。

この現場は、隣のムラの集落から200メートルくらいのところで、辺りはそのムラの人たちの自家用野菜を植えている畑が点在しています。朝の6時すぎというと、おばあちゃんが朝ごはんに使うダイコンを抜きにやってきてもおかしくないような時間で、ちょっと怖いですね。
また見ていて思ったのですが、クマの足の速いこと。コンクリートの道ならともかく、山道ではあっという間に後ろから捕まってしまいそうな勢いで、これは確かに山で遭ったら慌てて逃げない方がよさそうです。しかもどかどかどか、という感じで走っていましたから、追いかけられたらかなりの恐怖でしょう。

今週は特にクマの気配が濃厚で、わがムラの畑でも甘柿の木がぼきぼきに折られて柿の実が散乱しているのが確認されました。蕎麦ももう収穫が終わるころなのもあって農作物に被害がでた、という話はあまり聞きませんが、いつ人的な被害があるかもわからないという感じがします。
CATEGORY : 近況

2010.10.11 *Mon

まど(2010.10.11)

稲刈りが終わり、これから田んぼの片づけ、畑の収穫・片づけとなります。
畑にはまだサツマイモ、ショウガ、サトイモ、ネギといった連中が掘り出してもらうのをまっています。サトイモはちょっと期待薄ですが、それ以外はまあまあのでき。期待して収穫したいと思います。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2010.10.11 *Mon

367(2010.10.11)

10月だというのに、朝晩も比較的暖かい日が続いています。お風呂もまだシャワーで十分といった暖かさ。いつもだとそろそろ早霜を心配するところですが。

ようやく我が家の稲刈りが終わりました。秋あげという言葉がありまして、秋あげがいいといえば天気が続いて稲刈りが順調にすすむ様子を指します。ですから、今年は秋あげが悪いなあ、というのが最近の挨拶代わりの言葉です。悪いながらもなんとか今年の稲刈り完了です。
世間では天気がよく、豊作と言われていますが、我が家は相変わらずの「凶作」です。今年もまた新たな課題を突き付けられているようで、つらい秋になっています。

稲刈りの最中は、子供たちと遊んでやれないのがつらいところです。土日に「サッカーやろう」とせがまれても「稲刈りだから」という返事をしなければならないのが、とても申し訳ないです。
それでも田んぼで仕事をしていると手伝ってくれようとしています。刈り取った稲を運んでくれるととてもうれしいものです。でも稲をばらばらにしてしまったり、稲を踏んでしまったり、と作業に忙殺されている親はつい「イラッ」としてしまい、注意してしまいます。子供たちもそれでいやになって、どこかに遊びにいってしまいます。農作業の手伝いを子供たちにしてもらうのは意外と難しいものです。そうやって、仕事はつまらないものだと思われてしまえば、大きくなっても手伝いをしないかもしれません。
実際、農業の後継者不足も意外とそんなところに原因があるのかもしれないな、と思ったりもします。
もうちょっと気持ちの余裕ができるよう、来年は秋あげがよく、豊作になってもらいたいものです。
CATEGORY : 近況

2010.10.04 *Mon

まど(2010.10.4)

10月になると急に寒くなって、ナスなどはほとんど大きくならないのですが、今年はあたたかいようで、まだまだ元気に実をつけています。代わりに、コマツナなどの葉ものは虫食いが激しく、ちょっと厳しくなっています。白菜の苗も今年はなんだかうまくいかず、今年は白菜なしで冬をすごさなければならなくなりそうです。

サツマイモを掘ってみると、今年は大きくなっています。いつもは「これだけ?」というレベルだったのですが、今年は掘るのが楽しくなるくらい。ただし、このまますぐに食べても我が家のイモはおいしくありません。2週間ほど置くと甘くなってきます。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2010.10.04 *Mon

356(2010.10.4)

10月になりました。相変わらず雨が稲刈りを邪魔しております。以前に比べるとだいぶ晴天率が高くなりましたが、田んぼのぐじゃぐじゃはいまさらいかんともしがたいものになっております。

先週初めの週間天気予報には、会津の米農家は色めき立ったと思います。水曜から土曜まで4日間のお日さまマーク。我が家もここぞとばかりに稲刈りを加速させていました。田んぼの水が引けば、作業効率はどんどん上がっていきますから、晴天続きはありがたいものなのです。
ところが水曜になって翌木金曜に突然の雨マーク。この判断をした予報官は、おそらく会津の全ての米農家を敵に回したことでしょう。
でも、一旦盛り上がった稲刈りモードは止められません。とにかく木曜も空を時折眺めながら、機械の手を動かし続けます。昼前から雨、という予報にも関わらず、時折日差しもあります。とにかくいつ雨が降ってきてもいいように段取りしながらの稲刈りです。
経験的にいうと、こういうシチュエーションでは雨が降るな、と強く念じていると作業がだいたい終わるまで雨が降らないものなのです。今回も1枚の田んぼが終わるまで、くもり空のまま。気づくとまだ日が暮れるまで時間がありました。あす以降の刈り取りがラクになるように一部の刈り取りまでやって、作業終了。結局この日は雨はふりませんでした。
翌日になっても雨の気配なし。当初の予定通り、粛々と機械を動かし、予定より少し早めにこの日の作業は終了。ここまででようやく半分の稲刈りが終わりです。続く土曜はさらにぬかるみの心配される田んぼに移動。この日は朝から晴天で1日仕事ができそうです。だいぶ乾いているので、作業は順調と思った矢先、なんとバインダー(稲刈り機)の故障。ローラチェーンを押さえているバネが壊れている模様で、簡単には直りそうもありません。
とりあえず、農器具屋さんに図面を取り寄せてもらう手配だけしておいて、午後は機械では刈れそうもない個所を手作業。
夜のうちに、バインダーをよその家から借りる手はずを整えていると、日曜もなんとか雨は降らない予報。前日の下刈りのおかげもあって、ほぼ予定通り作業終了。なんだかんだと雨がもってくれたおかげで、のこり2枚となりました。

今週も晴れマークが続くようなので、一気に終わらせたいところです。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。