This Archive : 2008年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.29 *Mon

まど(2008.9.29)

いよいよ稲刈り始まりました。あいにくのどんより雲の下でしたが、家族みんなでモチ米を刈り取りました。お餅が好きな子供たちは、お手伝いするうーと張り切っておりました。
今週はなんとか晴れマークが続いているようですから、一気に稲刈り進めたいところです。

野菜の方はこの寒さで一気にトーンダウン。代わりに大根・白菜・コマツナなどが結構順調に生育中。でも食べるにはもうしばらくかかりそう。今は間引き菜を食卓で楽しんでいます。やっぱり青物はいいですね。
稲刈りの前に小麦・ニンニク・エシャロットの種をまきました。それから今年初めて栽培したルバーブ。春に種まきして育苗、ようやく畑に定植しました。ずいぶん育苗期間が長い野菜なのです。来年の春には食べられるようになるはずなのですが、いったいどんな姿なのか、どんな味なのか、その前にどう調理したらいいのか。こういうナゾナニ野菜は久しぶりです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 畑・田んぼ

2008.09.29 *Mon

289(2008.9.29)

もう9月は終わり。秋真っ盛り。でもなかなか秋晴れにならず、寒いです。いよいよストーブの恋しい季節です。鍋なんかもいいですねえ。

心配された台風13号も大きく南方に逸れ、ちょっとほっとしました。今年はお米の出来がよく稲の穂がいつもより重いのでしょうか、近所では稲が倒れていない田がないといってもいいくらい。これで少しでも風があったら目もあてられないことになるところでした。
今年は我が家の田んぼも倒れ気味。実りが多いと思っていいのでしょうか。それともひょろりと成長した貧弱稲ということなのでしょうか。
しかしながら、雨雨雨の雨続きで、とても稲刈りどころではありません。いつもだとスカッとした秋晴れが1週間くらい続くのが普通なのですが、週間予報は雨マークがちょこちょこ。とてもストレスの溜まる稲刈り前夜です。

仕方がないので、屋根のペンキ塗りの残りだの、トイレの改装だの、と余計な仕事を片付けてストレス発散。冬支度で少しはバタバタしなくて済みそうです。

CATEGORY : 近況

2008.09.22 *Mon

まど(2008.9.22)

だんだんナスやトマトなど夏野菜が元気なくなってきました。珍しく今年はオクラやズッキーニが元気ですが、やっぱり秋になったんだなあ、と実感します。大根の間引きもし、久しぶりに葉物野菜が口にできるのがなんだかとてもうれしいです。そういう季節なのですね。

稲の方はもうそろそろ刈ってもいいかなあ、という塩梅になってきました。とりあえずモチ米からやりたいと思うのですが、天気がいま一つ。
コシは今年は稲の倒れがでています。完全にペタと倒れているわけではないのですが、刈るには苦労しそうな田もあちこちあります。5年前にだいぶ稲を倒して苦労したので、それ以来稲だけは倒さないと夏の中干しではしっかり田の土を固くしてきたのですが、今年はどうしたことでしょう。もっとも今までは倒れるほど稲ができなかったので当たり前といえば当たり前だったのですが、カモの導入でそれなりの世間並みの出来になってきたということでしょうか。
CATEGORY : 近況

2008.09.22 *Mon

288(2008.9.22)

お彼岸に入り、いよいよ秋の気配が濃厚です。とにかく夕方暗くなるのが早いです。
台風13号は会津のはるか南方を通過していったので、ほっとしたのですが、そのあと降った雨で我が家の稲もだいぶ倒されました。台風が来ていたら、と思うとぞっとします。

家の屋根のペンキ塗りに続き、稲刈り前のリフォーム第二弾。只今水回りの改装中です。清水の舞台から飛び降りる決意でとうとう合併浄化槽を入れることになりました。いままでのいわゆるボットン(7年前に入居する際に、簡易水洗にはしてありましたが)から水洗のトイレになります。
いくら田舎暮らしといっても、生活習慣まで一気に変えるのは大変なことです。特に水周り(トイレ、風呂など)と寝床、食卓はある程度キレイ(何がキレイなのか、という議論はありますが)でないと私、実はだめなんです。そんなことで、「地球にやさしい」(実はあまり使いたくなくコトバ)生活ができるのか、とお叱りを受けそうですが、生活習慣ってそういうものなのです(我が家に都会から遊びに来てくれる人もはっきりは言わないけれど、トイレが水洗でないのはかなり抵抗があるのでは、と想像しています)。
もっともこれまでは生活排水(台所、フロ、洗たく水)は地下浸透(要はタレ流し)になっていました。食器洗いはなるべく洗剤は使わず、使っても合成でないもの、と一応気は遣っていましたが、少なからず川を汚すことにもつながっていたので、その点は多少なりとも「環境に配慮した」(これもあまり使いたくないコトバ)生活になるのかもしれません。

で、現在のトイレのお部屋は水洗を入れるにはちょっと狭い(簡易水洗でも私は立って用を足すことができないくらい)ので、改装することにしました。合併浄化槽の導入には市からそれなりの補助金が出るのですが、それでも出費はかなりのもの。普通の家庭ならトイレのお部屋の改装も業者さんに頼んでしまうところですが、我が家にそんな余裕はありません。
というわけで、得意の(?)DIYで、現在部屋の拡張中。ペンキや壁紙の張り替えなどわっせわっせとやっています。ついでにお風呂・洗面所の壁のペンキ塗りまでやって、家の古さはいかんともしがたいですが、だいぶ見た目はマシになりました。

もう周りは稲刈り始まっているのに、稲も倒れかけているのに、こんなことやっていていいのか、と思ったりもするのですが、あと数日はしょうがないですね。
リフォームされた我が家を見たい方、水洗じゃないから来たくなかった方、稲刈り手伝いついでにお越しください。お待ちしております。
CATEGORY : 近況

2008.09.15 *Mon

まど(2008.9.15)

今年はとにかく蚊が多いです。朝晩の畑仕事は蚊の攻撃にイライラ。今年は特に多いようです。家の中でも蚊に悩まされていて、子どもたちは顔中刺されキズだらけで、ちょっとかわいそう。

畑ではなぜか只今、オクラ(だけ)が好調。いつもこんなにとれたかなあ、と首をかしげてしまいます。代わりにナスがちょっと調子悪し。作物もいろいろ事情があるようです。

田んぼの稲刈りはもう間近。ようやく水切りをはじめ、これから、草刈りと背の高い草の草取り。今年の出来はまあまあのようで、我が家の貧稲もところどころ稲が倒れはじめました。台風13号の動きがきになります。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2008.09.15 *Mon

287(2008.9.15)

秋もだいぶ深まりました。この10日くらい朝晩の気温差がとても激しく、朝は10℃近くまで下がります。長そでシャツを着ていても寒いくらいです。そろそろストーブを出さないといけなくなりそうです。

このところこのホームページも2週間に1回の更新になりつつあります。農作業が忙しいというわけではないのですが、最近は運動会(町民運動会や保育所の運動会)だのソフトボール大会だのの行事が重なり(さすがスポーツの秋、というだけのことはある)、そのしわ寄せが平日に来るというパターンになっています(言い訳)。
そして目下の最大の課題は家の屋根のペンキ塗り。もう何年も塗り替えていないので、だいぶ屋根も傷んできました。手遅れともいえるのですが、まあとりあえずの延命策として全面塗り替えすることにしました。
季節的には今が最高。実はお盆過ぎからいつでもできるように準備をして晴天続きをまっていたのですが、ようやく先週くらいから天気が安定、塗装開始です。白菜苗の定植も優先課題の一つなのですが、とりあえず今が最高のチャンス。これより遅れると木の落ち葉が舞い始め、カメムシが屋根を飛び回り始めるし、なにより稲刈りのシーズンに入ってしまいます。真夏では暑くて焼けた屋根に長時間いるのはムリ。5月にも同じようなチャンスはあるのですが、春は農作業が重なってそれどころではありません。
というわけで、カラリとした秋晴れの3日間、ペンキ塗りに専念しました。本当は2日もかからないかな、見積もっていたのですが、やり始めると屋根は結構広い。見栄えも考えると細かいところもちょこちょこあって、思ったよりはかどりません。とりあえず3日目で一渡り塗り終え、2度塗りしたいところや車庫の屋根を残すばかり。それでもあと1日はかかりそう。

田んぼの草刈り、刈り取り機械の整備はまだやってない。無事に稲刈りに入れるのでしょうか。
CATEGORY : 近況

2008.09.01 *Mon

まど(2008.9.1)

雨続きでほとんど農作業らしい農作業はほとんどしていません。9月1日は210日。台風シーズンになりますから、大風で倒れる恐れのあるナスやオクラにテープを張ってやっています。

お米の方は、心配されたいもち病はとりあえずなさそうです(本当はこれからが怖いのだけれど)。水路が大雨で崩れ、ただいま田んぼに水が入れられません。もっともこのところ雨続きなので水路から水をかける必要はありませんが、余計な仕事が増え、ちょっと憂鬱です。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2008.09.01 *Mon

286(2008.9.1)

とにかく雨が多い。お盆明け以来ほとんど雨が降らない日がないです。今年は台風はこないけれど、各地で大雨が悪さをしているようです。

この雨続きとこれからの秋の農作業のために、機械の修理にこのところかかりきりです。本当は冬にでもやった方がいいのでしょうが、おそらく寒くて手がかじかんでできないでしょう。
とにかく慣れないのと知識も道具もないので、時間がかかって仕方がありません。なんども道具や部品を調達しに喜多方市街に買い物にいき、道具をあちこちから拝借し、メーカーの営業所にいって修理方法を尋ねたりと、いっそのこと頼んでやってもらった方が確実に安上がり、という感じでした。
まあおかげで機械の構造とか修理の仕方などいろいろ勉強になり、またどこか壊れても自分で何でも直せるような気がします。最近の機械は電気仕掛けが多く、電気系統となるとチンプンカンプンなのですが、メカニカルなところは素人でもなんとなく感覚的にわかるのがありがたいです。やっぱり昔の機械はいいですね。

といってもまだ修理は終わっていませんが、だいたいめどは立ちました。直ったら(そして雨が止んだら)タマネギ、コマツナ、キョウナなどの種まきです。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。