This Archive : 2008年07月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.28 *Mon

まど(2008.7.28)

ただいま、草と戦っています。最近雨が順調なので、草が爆発的に伸びています。すでに機械でムリなので、手でとらないとダメです。正直しんどいです。どの畑からあきらめるか、という感じです。

一方、カモを入れたトウモロコシ畑は草なしです。うーむこれは成功か、と思ったのですが、今度はトウモロコシまで食われ始めました。下の葉っぱはすでになくなり、低い位置に着果したものもつつかれています。カモの背では届かないはずなのになあ、と観察していると、カモがジャンプしてつついているのです。よっぽどおなかがすいていたようです。もうちょっとご飯あげればよかったのでしょうか。

080728corn1

草はこの通り、ナシ

080728corn3

でも、実も食われた

080728tomato

トマトようやく赤くなってきました。ナス・ピーマンもそろそろです。


スポンサーサイト
CATEGORY : 畑・田んぼ

2008.07.28 *Mon

283(2008.7.28)

梅雨明けしたと思ったら、なんだか雨が続いています。しかもかなり激しいのが。いかにも梅雨の終りの降り方という感じでした。東北地方の梅雨明け日が後で修正されるかもしれませんね。

先週、漁業の一斉休漁についてちょこっと書いたのですが、今週になって政府が燃料上昇分の9割を負担するとの方針を示しました。おそらくこの施策には、国民の多くが反発あるいは違和感を抱くのではないかと思います。なぜひとり漁業だけが?ストすればいいのか?など感情的なものも含め、不満が噴出する恐れがあります。
普通に考えれば、卸価格への転嫁が筋ということになりますが、先週書いたように価格はあくまで「市場」が決めることなので、出荷者の思い通りに転嫁が進むかどうかわかりません。

農業も事情は同じで燃料費だけでなく、ハウスのビニールや化学肥料などもかなり価格が上昇していますが、まだ農家からはあまり声が上がっていないようです。こちらはストをする前に、自分から「やーめた」という人が来年から増えるのではないかと心配になります。
CATEGORY : 近況

2008.07.21 *Mon

まど(2008.7.21)

田んぼの草取りは終了(というか、諦めて)、畑の草取りとなりました(草取りばっかり)。最近少し雨が多くなったおかげでどんどん伸びてエライことになっております。機械でとるのはもう限界を超えているので、あとはひたすら手頼み。
ただし、例外が。田の草取りを終えたカモたちを放り込んだトウモロコシ畑だけは順調に草取りが進んでいます。トウモロコシも今のところ食われたり、倒されたり、といったことはありません。

田んぼの方は只今、中干し(水を抜いて土を乾かす行程)中。田の畔草を刈ったらまた水を入れて出穂を待ちます。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2008.07.21 *Mon

282(2008.7.21)

カラ梅雨のまま梅雨が明けました。いつもだと、ものすごい雨が降って、雷が鳴って、そのあと晴れると梅雨明けだったのですが、まったくそんなものはありませんでした。川の水もいつもより少ないようで、これから猛暑が予想される今年の夏がとても心配です。

先週15日に全国漁業協同組合連合会の呼び掛けで行われた全国一斉休漁は、燃料の急騰による漁民たちの苦難を訴えたものでした。今の平均的な漁業コストのうち燃料費は40パーセントを超えているそうですから、その打撃は相当なものでしょう。
ただ、燃料の高騰は漁業だけでなく、農林業分野でも、工業分野でも、商業サービス分野でもそれなりの影響があるわけで、ひとり漁業にだけ燃料高騰の対策をしていくというのはなかなか難しいものがありそうです。
今回のストで一時的に魚介類の価格が上昇したようです。漁民としては一つの目的を果たしたことになるのでしょうか。燃料コストの上昇分を価格に転嫁できたのでしょうか。仮にできていたとしてもまた漁を再開したら元に戻ってしまうのが残念ながら卸売市場のルールです。
なぜか魚介類や野菜や花、肉類などの生鮮品を扱う卸売市場では、買い手が勝手に値段をつけてしまうルールになっています。もちろんセリといって値段が高くても買う人がいれば、どんどん値が上がっていくのですが、その価格がいつも売り手の生産コストを上回っているとは限りません。普通の売買交渉なら「こんなに安かったら売らないよ」と売り手は断ることができますが、この卸売市場というのは一旦運び込まれたらいくら安くても文句がいえません。
生鮮品という性格上速やかに価格形成するというのが卸売市場の目的ですが、このような売買ルールでは買い手に有利な価格が形成されていくことが容易に想像できます。

一応漁協や農協という組織が生産者と市場の間に入ってはいますが、彼らは市場への運搬と決済業務くらいしかしていません。彼らにはもう少し営業努力というか価格の形成に影響力を持ってもらいたいと個人的には思うのですが、やっていることはただの商社です。価格がいくら安くても運搬費と倉庫費、手数料はきちんと入ってくるのですから、努力はしないでしょう。

今回のストが漁協の営業努力を促したとすればそれなりの効果があったといえるかもしれませんが、おそらく漁協も漁民もこの市場ルールに従う限り、自分たちのコストをコンペンすることは短期的には難しいようにおもいます。
CATEGORY : 近況

2008.07.07 *Mon

まど(2008.7.7)

オクラ、トウガラシの苗を植えて、ひとまず野菜の定植はひと段落。反対にニンニク、エシャロット、レタス、エンドウマメ、ズッキーニなど収穫始りました。

田んぼの方は、中干し前の草取り。草が大きくなってからカモを投入した田んぼはほとんど草取りされず(人の手でとるのもしんどいくらい根が張っているのだから当たり前)、結局手で取る羽目に。カモ2段活用はとりあえず失敗です。でもカモ効果なのか、若干生育がよくなっているような。
もうじきカモさんの田んぼでのお仕事はおしまいです。今年は42羽いたカモさんはヒナのうちに1羽死んでしまいまいたが、残りはみな元気です。田んぼから何度も結構な数が脱走しましたが(延べで半分くらい)、幸い発見が早く1羽も欠けることなくみな元気です。
このあと、半分ほどはすぐに次の飼い主が決まっています。残りはトウモロコシ畑で草取りのために移動してもらう予定です。また電気柵をしたり、水浴びプールを作ってやらなければなりません。
CATEGORY : 近況

2008.07.07 *Mon

281(2008.7.7)

梅雨といっても当地は雨不足。ようやく少し降りましたが、厳しいです。このまま梅雨明けになってしまったら、今年の夏はどうなるのか不安になってきました。

我が家のひとつ上にある集落で野生のサルが15匹ほどやってきたそうです。いままで1匹で行動するのは目撃されていたのですが、今回はちょっとした集団です。
山深い山都町のなかでもさらに山奥の集落ではすでにサルが住み着いていて、そこではとても農作物を植えるどころの話ではないようです。私も去年訪れたときに道路を数匹横断しているのを見ました。いつもならナスやキュウリなど自家用野菜を植えてあったはずの集落内の畑にはほとんど何も植えてありません。どうせ食われてしまうのだから、仕方がないのかもしれません。この集落では出荷野菜をやっている人が少なく、積極的に駆除することもしていないようです。

今回隣の集落に来たのはその軍団の一味なのでしょうか。多少の被害は出しながらも数日で姿を消したそうですから、ちょっとほっとしましたが、またいつ仲間を増やしてやってくるのか判りません。
サルはクマやハクビシン、タヌキ、カモシカといった連中とは別格の農業被害を与えることが多いです。基本的にクマなどは人を恐れているので人を見れば逃げていってくれますが、サルはちょっと慣れると人を襲うこともあります。ちょっとした柵やネットなどを作物にしても簡単に抜けられてしまうし、とにかく何でも食べてしまいます。地上にぶら下がっているトマトやインゲンなどはもちろん、ジャガイモ、サツマイモなども掘って持って行ってしまいます。そして何より彼らは集団なので、短時間で全滅させられてしまいます。

山は杉の木だらけ、残された雑木林は荒れ放題で食べるものがないからおサルたちも里に下りてくるわけで、結局は人間が悪いということになるのでしょう。今からにわかに山の手入れをしたら、おサルさんたちも機嫌を直して引き返してもらえるのでしょうか。

サルたちが姿を消した数日後、ひとつ下の集落で我が家が借りている畑の手入れをしていたら、1匹のサルが杉林の中をウロウロしていました。こちらに移動してきたのでしょうか。サル包囲網は徐々に狭められてきているようです。

今年の七夕のお願いごとは、「お猿さん来ないでね」(ついでに雨もうちょっと降ってね)

我が家の野菜便再開しましたので、ご利用お待ちしております。詳しくはこちら
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。