This Archive : 2007年07月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.30 *Mon

247(2007.7.30)

7月がもう終わるというのに梅雨は明けません。これから先もまだ雨がちょこちょこ降るようです。早くスカッとした青空が何日か続いて欲しいものです。

先日、前の会社の先輩が遊びに来てくださいました。ちょうど梅雨の晴れ間だったので山都の町中の美しい景色を楽しんでもらえたようです。ほんの数時間しかお話できませんでしたが、6年前の職場の雰囲気をふっと思い出してしまいました。これから会津はますますいい季節になります。ぜひ皆さん、遊びにきてください。

今年のトマトはちょっと遅れていますが、ようやく色づいてきました。毎年タヌキだかなんだかに食われてしまうので、ハウスのまわりをネットで囲っています。先日ようやくネット張り終了。トマト早く赤くなっておくれよ。
問題は、トウモロコシのネット張り。カモに使った電気柵をしようと思っているのですが、たかがトウモロコシに電気柵というのもずいぶん大げさだなあ、とちょっと躊躇しています。でも毎年毎年、あのなんともやりきれない思いをするのもイヤだし、とにかくバカらしいとは思いながらがんばって電気工事します。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2007.07.30 *Mon

まど(2007.7.30)

なかなか畑が乾かず、ジャガイモ掘りができずにいました。土の中で腐り始めたので、ちょっとの晴れ間に掘りました。男爵はほとんど腐っていて、掘るのは放棄。メイクイーン、キタアカリはなんとか大丈夫だと思って乾燥させてみたら、キタアカリもだいぶ傷んでいました。確か去年もメイクイーンだけが無事でした。この山の中の畑は粘土質でジャガイモには不向きなのは判っているのですが、うちの近くの畑は手狭なのでここで場所を移しながら栽培しています。
来年からはメイクイーンを多めにまいてみようかと思います。

今年はソバを少しまこうかと思っているのですが、これまた畑が乾かず種まきができません。もうそろそろ時期なのですが。早く晴天が続いてほしいものです。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.07.23 *Mon

まど(2007.7.23)

トマトがようやく赤くなりそうです。だいぶ遅いです。獣避けのネットをまだしていないので、慌てて準備しています。ピーマンもそろそろといったところ。

秋採りのキュウリ、キャベツ、ブロッコリーの種まきしました。そろそろこれらの畑の準備もはじめないと。ダイコン、ソバの畑起こしも梅雨明け早々にしたいところです。

田んぼはただいま中干ししていますが、カモ田の一部にイモチ病が出ました。今までイモチがでるほど稲が大きくなったことがなかったのでうっかりしていました。カモの糞のチッソ分を考えずに施肥したのも失敗でした。これから晴天が続けば大丈夫とのことですが、冷夏との噂もあり、ちょっと心配です。木酢液を散布しておきましたが、どうなることやら。

070723ine


ちょっと判りづらいけど、だいぶひどいことになってます。
CATEGORY : 近況

2007.07.23 *Mon

246(2007.7.23)

23日は暦の上では大暑、暑さが本格的になる時期ですが、ずいぶんと涼しい1日となりました。気象庁が今年は猛暑と予想していたのが一転、日照時間が少なく、気温が低くなると変更されたとのこと。早くも冷夏かとテレビで取り上げていました。

そうはいっても、もうすぐ梅雨はあけるでしょう。梅雨明けまえにただいま一生懸命やっているのが、畑の草取り。雨が多いので涼しくても草はどんどん伸びてきます。いつもだと今ごろ、見ていると気分が悪くなるくらい草だらけになるのですが、今年の梅雨は時々晴れ間があったので、その時に機械でとったのでずいぶんとマシです。
とはいえ、機械で取れない作物の株間やハウスの支柱周りといったところは余りひどいところは手取りです。草取りは根っこごと引っこ抜くのが間違いない方法なのですが、これだと10m進むのに1時間くらいすぐにたってしまいとても効率が悪い。こちらの人たちがやっている除草は草の上に土をかぶせてしまうというもの。あまり草が大きくなってしまってからではダメですが、これだとあっという間に草がなくなってしまいます。なんということもない方法ですが、初めて知ったときはずいぶん驚きました。機械で草取りをする原理はコレです。ただ、機械除草は土がある程度乾いていないとうまく土をかぶせることはできません。雨続きには手で取るしかないのです。
今の季節、一番苦労させられる草はハグサとも呼ばれるヒメシバ。芝生のようにぺったりと地面に張り付いて、あまり大きくなると引っこ抜くのに一苦労する厄介物。土が乾燥してしまうとスコップやクワで掘らないと根っこごと取ることは不可能です。根っこが少しでも残るとまたそこから草が出てきてしまいます。取ったハグサをそのへんにほったらかしておくと、すぐにまた根付いてしまうものすごい生命力の持ち主です。

070723kusa




このハグサ、雨上がりのやわらかい土だと比較的簡単に抜き取ることができます。ですから、ちょっと雨が収まったら草取りというのが、最近の日課。

わざと草を生やしっ放しにして、害虫が作物に来ないようにするやり方もあるようですが、私にはそんな仙人のようなことはできません。草だらけだと、もう耕作放棄したくなるというか、近くに寄りたくなくなります。凡人は草だらけにならないように頑張るしかありません。
CATEGORY : 近況

2007.07.16 *Mon

まど(2007.7.16)

田んぼのカモを引き上げました。だいぶ大きくなりました。カモも稲も。これ以上いると稲を倒すので、引き上げてケージで飼っています。

070716kamo



結構分けつしていることに気付き、慌てて中干し(田の水を抜いて土を乾かし硬くします。稲の倒伏防止と、秋の稲刈りのときに機械が入りやすくします)に入りました。イモチ病にならないかと心配するくらい分けつしていて、ハラハラしております。

畑ではインゲン、ナスが取れ始めました。
CATEGORY : 近況

2007.07.16 *Mon

245(2007.7.16)

台風4号はこの季節にしては強力だったようで、被害も結構でたようです。もうすっかり台風シーズンに入っていたのにようやく気付きました。これからは天気図もしっかりチェックしないといけませんね。

3連休のなか日の朝、突然コウスケが「水族館にいきたい」と何の前触れもなく言い始めました。動物園は何度かいったことはあったけれど、水族館は一度もありません。だいたい水族館なんて言葉をどこで仕入れてきたのかもよくわからないのですが、いつか機会があれば、とは思っていました。
折りしも台風の通過で1日雨の予報、「そんじゃいってみっか」という軽業で行くことに。問題は場所。ここは日本海にも太平洋にも遠いので、水族館もしかり。猪苗代に淡水の水族館はあるけれど、哺乳類もみせてやりたいので、海水へ。
福島いわきと新潟のどちらかなのですが、私個人的には新潟はあまり足を向けたくない(こちらにきて何度かいったけれど、いつもなんだかイライラさせられるところなのだ)のですが、ホームページで調べたところ、いわきはお勉強色が強く、新潟はレジャー色濃厚の様子。子供がいくのだからと不本意ながら日本海へ。
いってみるとすごい人人人。チケット買うのに雨の中で並び、入ってみるととてもじっくりみるどころじゃありません。小さいコウスケは人ごみの中で興味のあるものを一生懸命人を押しのけて見に行くのだけれど、落ち着かないようでした。大きな水槽に鮫やエイや大型のタイが泳ぎ回るのに驚いて喜ぶかなあ、と期待していたけれど、おっかながってとっとと通りすぎていってしまいました。イルカのショーも見てるんだか、見てないんだかチョロチョロ。意外と興味もっていたのが、カメやクラゲ、タコ、バイカルアザラシなどの割と地味な人たち。それに手に触れられるコーナーで手にとって遊んだヒトデとナマコとバフンウニ。

070716masa



大人が子供にとって面白そうだと思うものって、結構マトハズレなこともあるのかも、と思った1日でした。今度はいわきにいってみるか。私個人的にも。。(この度の地震ではお気の毒でした。)

CATEGORY : 近況

2007.07.09 *Mon

まど(2007.7.9)

キャベツ・ブロッコリーは収獲終了になりつつあります。代わってナスやインゲンなどがようやくでてきました。ジャガイモを試しに掘ってみたら、結構大きくなっていました。ピーマン類がちょっと遅い感じがします。
CATEGORY : 近況

2007.07.09 *Mon

244(2007.7.9)

確か去年の今ごろは毎日毎日雨続きで、畑の草取りもままならなかったような気がします。今年は降ったり、晴天がちょっと続いたりとうまく繰り返してくれるので、作物にとっても除草にも都合がいいです。
でも週間予報ではこれから1週間びっちり雨マーク。ほどほどにしていただきたいものです。

夏のこの時期の日曜というのは何かと予定が入っていて、結構面倒、いや忙しいのです。やれ人足(にんそく、ムラの中の草刈など)だの、堰(水路)の修理だの、消防団の訓練(これがまたなかなかクダラナイものなのです)だのとほとんど毎週日曜は予定が入ってしまいます。
先週は商工会主催の町内ソフトボール大会。チームは集落単位であったり、職場単位であったり、適当な仲間であったりと自由で、我がチームは集落の人たちの集まり。といってもうちの集落だけでは全然足りないので、近くの集落3つ合同の混成チームなのです。
商工会主催とは別に、町の体育委員会がらみのソフトボール大会が春と秋にあって、その名も「壮年ソフト」。要は40歳以上のオジサマ達のための大会なのですが、私はここに来た頃(30代!)から参加しています。2人までなら40歳未満でもOKというルールなのですが、おかげさまで私も今年から壮年入りしたので、堂々と参加しています。これも我がチームは同じ3集落合同。
どちらの大会も我がチーム編成は同じなのですが、商工会は女性が2人以上入るのがルール。そういう意味ではオジサンばかりの壮年ソフトよりちょっと雰囲気は明るい。しかも昼間の大会なので、なおさら。(壮年はいつもナイター)。

もちろん普段ちゃんとした練習などしたことのない、ぶっつけ本番チームで、当日までにちゃんとメンバーが揃うかどうかも怪しい(実際、当日になってやっぱり人が集まらないから棄権なんてことはザラ)のですが、この日は珍しく18人の参加。守備位置、打順もその日の気分でカントクが決める、という和気あいチームでもちろんユニホームなどなし。本日の1回戦目の相手は農協チーム。アチラはおそろいのJAマークの入ったTシャツなどをきてかなり気合が入ってます。
私の守備はショート、打順は1番。これだけ聞くとかなり上手そうに聞こえますが、3打数ノーヒット、2エラー。オマケに強いあたりのゴロを右足に2回も受け、結構な痛手。結果は0-8の完封負け。最後の整列で農協が「これからもJAをヨロシク」だって。だったらもっと手加減しろっての。いつものことだけど全く顧客サービスのなっていない連中なのです。

1回戦負けはいつものことなので、試合前から「午後から畑仕事ができるなあ」と思っていたら反省会という名の飲み会が開催され、日本酒を飲みすぎあえなく1日休業とあいなりました。また日曜が1日潰れました。来週の日曜は何だっけ。今日は腰痛と右足の打撲で畑仕事どころではありませんでした。
CATEGORY : 近況

2007.07.02 *Mon

カモかも?(2007.7.2)

田んぼの草取りは、カモ田はかなり終わりました。あちこち残っているところはあるものの、全体としては満足できるものでした。最初の1週間は「コリャだめか?」と正直、疑問もあったのですが、投入から3週間でだいぶ取れました。カモも大きくなると除草力が格段にアップするのでしょう。
おかげで稲も、手で草をとっているところ(ほとんど間に合っていない)にくらべると分けつも進んでいます。

先週、カモが1羽また1羽と行方不明になってしまいました。どうやらネットをくぐって脱走、ネコか何かに食われてしまったようです。20羽のうち2羽が脱落してしまいました。でも外から侵入されてやられたわけではないので、思ったより外敵の侵入は心配することはありませんでした。

070625ine1


これだけみると、効果あったの?という感じかもしれませんが


CATEGORY : カモかも?

2007.07.02 *Mon

まど(2007.7.2)

ようやく夏野菜の定植すべて終わりました。だいぶ遅かったですね。ただいま、キャベツ、ブロッコリー、スナップエンドウ、ズッキーニがなってきました。タマネギは既に収穫済み、エシャロットもビールのつまみにいいです。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.07.02 *Mon

243(2007.7.2)

梅雨入り2週間目。梅雨らしく2・3日置きに雨の日になっています。いまのところ雨不足の心配はなさそうです。いやこれは会津の話で、四国や首都圏では水不足にしばらく悩まされそうですが。
雨降りのため、農作業は少々サボリ気味です。雨の日だってハウス内のトマトの世話や田んぼの草取りくらいはできるのですが、なんとなく出無精になってしまいます。

貴重な晴天の日曜日、ムラの人足(にんそく)がありました。町の自治会の道路掃除みたいなものですが、この日は県道・林道の草刈。早朝5時からまずは県道の草刈。全長3kmほどを13人で草刈り機で道の両側の草を刈っていきます。
これはそれほど大変ではないのですが、問題は林道の草刈。このムラには舗装された林道はなく、昔に使われていて今はほとんど使われていない林道がいくつかあります。昔は馬などで切り出した木材を運んでいたので、当然道は狭く、所々かなりの勾配となっています。
木材の価格が低迷して林業が廃れたため、今は全くといっていいほど使われていません。ですから、草はボウボウ、木が行く手を阻むところもだいぶありました。4年ほど前にこの林道の草刈をしておくべぇ、ということになり、初めて行ったときにはその荒れ方にちょっとおどろきました。
そもそもこの草刈をすることになった理由の一つがいつか町(その当時は山都町)にこの林道を整備(舗装)してもらおうという、ほとんどありえないようことでした。だいたい今使っていないところをわざわざ舗装する意味はありません。まあ全国で今まで整備された林道なんてどれも同じようなものでしょうが。
これをいつか車で通れるようにすることなんてできるの?と技術的にも費用的にも大いに疑問でしたが、私にとって初めてムラの裏側というか知らない一面を見られると物見遊山のつもりで当時参加した覚えがあります。小学校の遠足にちょうどいいくらいの山登りで、やれ昔はこの山の中につくった畑に肥料を背負ってよく上っていったとか、人が住んでいたとか(戦後の開拓民がこの山の中で住んでいたらしいのです。電気もないので風力発電していたとのこと)、この道をつかって喜多方へ出たものだとか年寄りから聞きながら、草刈、伐採をしていきました。

この草刈も今年で3回目、上り下りが結構キツイのですが私もだいぶ慣れたもので景色を眺めたり、木苺をつまんだりして楽しみました。草刈の意味そのものには疑問はあるけれど、こんな古道を守っておくのもいつか役に立つのかもしれません。

ただいま、野菜の発送しております。ご利用おまちしております。詳しくはこちら
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。