This Archive : 2007年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.25 *Mon

かもカモ?(2007.6.25)

アイガモで草取りをさせる場合、装置というか設備というかハードがいくつか必要です。一つはアイガモを田んぼの外に逃がさないためのネット。これはキツネやイタチ、ネコ、イヌのような肉食動物が侵入することを防ぐ目的もあります。ただし、外敵避けにはこれだけではよほどがっちりとした、高いネットが必要となるので通常、電気柵を設置します。
これが2つ目の設備。こうすれば、ネットの高さは1m足らずでも十分です。(要はカモが逃げなければよい)

070625net.jpg



3つ目はカラスやトンビといった空から侵入・攻撃してくるものに対しての備えです。これは結構カンタンで、市販の防鳥糸という水糸のようなものを3~4メートル間隔で田んぼの上に張るだけです。
通常はこれだけなのですが、わが家は山間地ということもあり、獣被害が怖いので、田んぼの中に1坪ほどのケージを作り、夜間はこの中にカモを入れるようにしました。

070625cage.jpg


これらをまともに購入すると結構な金額になってしまいます。
ネットは、それ自体は50mで2000円ほどとそれほど高くはないのですが、2m間隔で立てる支柱が要ります。本格的なものは5本で1000円なんてベラボーに高いものもありますが、太さ10mmほどの園芸用支柱でもいいかもしれません。周囲150mほど囲うと7~80本はいるので、1本50円で4000円ほど。
電気柵関連では、本体のトランス、電線、碍子、バッテリーといったものが必要で、メーカーのカタログを見るとセットで7~8万円。正直、これだけでうちではとてもアイガモは出来ないと思っていました。今回はたまたま要らなくなった装置を譲ってくださる農家があって、取り付けることができました(1セットもっていると、トウモロコシやスイカを囲ったりできるので、結構便利かも)。

070625trans.jpg

これが電気柵の心臓部



そして防鳥糸は500mで300円ほど。
肝心のカモは1羽、500円強。1反(1000平米)で15羽というのが標準だそうで、今回うちのカモ田は1.2反(0.6反の田んぼを2枚一緒に囲っている)なので、20羽購入しました。

周囲150mのわが家の田んぼの場合、全部新品で買うと10万円前後。これにエサ代も要ります。ここからいつも取れる米は7俵(420kg)くらい。カモのおかげであと1俵くらい収量が増えてもとても利益になりません。もっとも3反くらいの田んぼでも費用はそれほど大きく変わらないので、大きな田んぼならいいのです。でもこの集落で1枚3反なんて広い田んぼなど望むべくもありません。

金額的にはなんといっても電気柵が問題です。今回うちで作ったケージがあれば、夜間の獣の攻撃を受けないので、電気柵は要らなくなるかもしれません(昼間はそれほど心配ないと思います)。これならワイヤーメッシュ(土間のコンクリートを打つときにつかうもの)と金網で手作りして8000円ほどです。
ネットの支柱も、要らなくなったビニールハウスのパイプを切ってきたり、要らなくなった園芸用支柱をもらってくるなんて方法でもいいでしょう。うちは3年ほど前にもらって使いあぐねていた2mほどの巨大トンネル支柱を活用しました。

こうすると、2~3万円くらいでカモを飼うことができます。これくらいなら山間地の小さな田んぼでも、隣り合った田んぼをつなげて囲えば結構やれるような気がします。

問題は効果。さあ、どうなんでしょう。

スポンサーサイト
CATEGORY : カモかも?

2007.06.25 *Mon

まど(2007.6.25)

梅雨に入り、ちょっとのんびりしています。田んぼの草取りも、今年は面積が減ったのと、カモの活躍でかなり楽です。

畑の方はようやく夏野菜の定植が完了、あとは手入れ、追肥、草刈などです。もっとも出荷も徐々に始まりますので、また忙しくなりそうですが。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.06.25 *Mon

242(2007.6.25)

22日は夏至。変な話ですが、この日が来ると、ああもう今年も終わったなあ、という気分になります。長くなっていった日がこれからどんどん短くなるばかり、これから夏本番というのになんだかさみしくなってしまうのです。

早いもので、こちらに来て丸6年となります。今借りているこの家もずいぶんなじんできました。引越し当初、倉庫には大家さんの使っていた生活道具や大工道具(大工仕事のようなお仕事をしていたようです)などがしまってあったのですが、どれもこれも埃をかぶって蜘蛛の巣だらけ。都会から来たわれわれには触るのもためらわれました。
ちょっと落ち着いた半年後、いよいよ収納スペースが欲しくなり、これらの片付けに迫られました。大家さんからは何でも使っていいし、捨ててもいいといわれていたので、とりあえず何があるのか探検してみました。
多くは屋根のトタンや塩ビ管、針金、大工道具といった仕事の道具や材料。それにカマや柄杓、バケツなどの畑仕事用の品々、臼や杵、味噌樽の蓋(なぜか蓋だけ)といった昔の生活道具。そもそも何に使うのかも判らない道具や材料も結構ありました。
その当時は古くて錆びてどれも使えなさそうなものばかりで、いずれ全部捨てるしかないなあ、と倉庫の隅っこに追いやっておきました。

自分で家の補修をしたり、農機具小屋を建てたりしているうちに、いろんな道具が必要になってきます。その都度、ああ、そういえばこんな金具が倉庫にあったなあ、なんてことが時々ありました。ホームセンターで買い物をしているときに、大工道具のコーナーに並んでいるものを眺めていると、おお、コレはうちにもある、こうやって使うのか、と感心したり。
つい先日、目当てのものを探しに、倉庫の隅っこに追いやられた道具の中を捜索していました。すると、5年前にはゴミくずみたいに思っていたものが、今の目でみると結構いいものがあったりするのです。やたらたくさんノコギリがあるのですが、これも大工用だけでなく、山で木を切るものもありました。歯はちょっと錆びてはいますが、まだ十分使えそうです。
古い墨壷(すみつぼ、材木に線を引く道具)もなかなか味があります。前にみた時はどうやって使うのかもわからなかったですし、同じ箱に入っていた墨汁を「子供の習字道具か?」なんてマトハズレな想像をしていました。
手回しの回転式砥石なんてしぶいものも出てきました。

とりあえず、今回使うものだけを取り出しましたが、残ったものも今は使わないけれどこれからまた欲しくなることもあるかもあるかもしれません。また倉庫の隅っこにこのガラクタさんたちをしまっておきました。


070625masa.jpg


CATEGORY : 近況

2007.06.21 *Thu

田んぼの除草(2007.6.21)

先週から田んぼの除草にアイガモを使っています。その効果に多少なりとも関心のある方もいるかもしれません。私にとっても備忘録代わりに状況を書いておきたいと思いますので、適当に読んでみてください。

田の除草にはいくつか方法があります。私の乏しい知識の範囲では、(1)除草剤、つまり農薬を使う (2)米ぬかを散布する (3)レンゲのアクを利用する(4)紙を田んぼに敷く(紙マルチといいます) (5)除草機械(このあたりではコロバシと呼んでいます)を使う (6)ひたすら手で取る (7)アイガモを使う といった手があります。
(1)は説明は不要でしょう。(2)と(3)は草が発芽しにくい環境を作る方法、(4)は稲株以外の個所は日光が遮断されているので、雑草の発芽ができないのです。(5)と(6)は毎度おなじみの方法なので、これも説明は要らないでしょう。そして私の手の代わりになるのが(7)のアイガモです。

どの方法がいいのかは耕作者の考え方や面積、田んぼの性質、そして費用のかけ方によると思います。もちろんいくつかの方法を組み合わせてもOKです。
いわゆる有機栽培では(1)以外の方法となりますが、大面積の栽培には(2)(4)(7)がよく利用されているようです。
またうちのような山間地で田んぼひとつ一つが小さく、田の形が四角でない場合は(4)の紙マルチはちょっと不利です。というのも使用する紙は長方形(幅2mほどのロール状)なので、田んぼが丸とか三角だと端っこがどうしても空いてしまいます。
(5)の機械も田んぼが不整形だとやはり隅の草を取りきることは難しく、さらにいえば条間の草は取れても、株間の草はうまく取れないという重大な問題が残っています。

これらの除草の方法を私は勝手に2群に分けています。「静的除草」と「動的除草」。田んぼの土を動かさないのが前者、田んぼの土を積極的に動かそうとするのが後者です。上記の(1)~(4)が静的除草、(5)~(7)が動的除草ということになります。

私は土を動かすことで、稲の生育を助けたいという考えから基本的に「動的除草」法を取ることにしています。根の回りの土や水を動かし、根に酸素を行き渡らせて根の張りを活発にしたい、そうすれば倒伏しないしっかりした稲になるだろうと考えています。

前置きが長くなりましたが、そんなわけでアイガモを今回使ってみたわけです。

アイガモは水鳥ですが、生後1週間から10日経たないとうまく水の上を泳ぐことができません。またあまり大きなアイガモを使うと植えたばかりの稲を踏み潰してしまうこともあるので、泳ぎを覚えたばかりの小さな新米カモを使うのがいいとのことです。
一方、植えられた稲がきちんと根付くのが田植えから1週間ほど、また田植え(正確には代かき)から10日くらい経つと草が生え始めます。
ですから、植えた苗がカモに蹴飛ばされても倒れなくなり、かつ、草が一番取りやすい芽生え頃に新米カモを投入する、というのが効果的なのですね。
ということは、田植え後1週間から10日ころに、生後1週間から10日のカモを放せばいいわけなので、生まれたばかりのカモがうちに到着した日に田植えするのが理想なのです。

今回はカモの到着予定が5月31日とのことだったので、田植えを30日に設定したのですが、実際は6月5日カモ到着。カモ投入は12日つまり田植後13日(代かき後15日)。投入前の6月10日、草(コナギ)は既にびっしりと葉を伸ばしており、「本当に大丈夫かいな」と思っていました。カモ用のネットを張る前に一度機械除草しておこうかと思ったくらいなのですが(ネットを張ると、機械を入れにくいので)、それではカモに失礼に当たると田の一番外側だけを機械除草しただけにしました。

ところがやっぱり新米カモには荷が重すぎたのか、思ったほど草の勢いが衰えません。手遅れにならないうちにと機械除草を15日に実施。

(機械除草中に感じた点)
(1)カモ除草していない田(田植え日はほぼ同じ)もこの日に機械除草したのですが、確かにカモ田の草は少ない。気のせいということもあるかもしれませんが。
(2)カモ田の土の表面はやわらかい。これは間違いない。
(3)稲の生育はカモ田が一番いい。これも間違いない。

田んぼの性質の違いもあるかもしれないので、断定はできないけれど、アイガモはそれなりの効果が投入3日目で出ていたと思う。


070621kamo

CATEGORY : カモかも?

2007.06.18 *Mon

まど(2007.6.18)

ようやくトマト定植しました。今年はだいぶ遅れてしまいました。苗が大きくなってしまってうまく根着くか心配でしたが、うまく雨が降ってくれて元気です。あとはハウスビニールをかけて完了です。
キュウリ・インゲンのネット張りも遅ればせながら完成。
ズッキーニが実をつけ始めました。

070618cabbage.jpg

キャベツ・ブロッコリー順調にネットの中で育っているようです。



田んぼの方は、1回目の機械除草をしました。アイガモの田んぼもちょっと草が大きくなりすぎているような気がして除草しました。意味ないんじゃないという方もいらっしゃるかもしれませんが、いいんです。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.06.18 *Mon

241(2007.6.18)

関東あたりまで梅雨入りしたそうですが、雨あまり降っていないようです。東北地方も先週には、と思っていましたがまだで、今週中頃からでしょうか。

先週は30℃を越える暑さが3日ほど続き参りました。久しぶりに、太陽のまぶしさでクラクラしました。ちょっと危険を感じるほど。冷たいお茶を持って畑にでました。やたらと日焼けできないので、長袖シャツにしているのですが、どんどん汗がでて干上がりそうです

おかげでちょっと元気のなかったナスやキュウリがだいぶ大きくなってくれました。定植が遅れていたトマトもようやく畑におさまりました。あとはピーマンやパプリカ、セロリの定植とだいぶ残ってはいますが、梅雨入りには間に合いそうです。

だいぶ野菜も大きくなってきました。いよいよ野菜の出荷の準備も整います。「会津野菜便」を再開いたしますので、ぜひご利用になってください。詳しくは「野菜屋」へ。
CATEGORY : 近況

2007.06.12 *Tue

まど(2007.6.12)

今日、予定通り昼前にアイガモを田んぼに放しました。すいすい泳いでいくのかと思ったら、泥が羽にまとわりついて泳いでいるというより、おぼれかけているかのようでした。一旦陸に上げてやったのですが、自らまた水に戻っていったので、そのままほっときました。
夕方、夜間の避難小屋に収容するときにはみんな結構泳ぎが達者になっていました。泥もそれほど羽にまとわりつかなくなっているようでした。羽にうまく油をつけられるようになったのかな。でも2羽ほど泥だらけで、毛づくろいもうまくできない子がいたので、うちに持ち帰って湯たんぽで暖めてやりました。
肝心の除草の方は、まあ初日の半日にしては結構草をひっくり返してくれたようです。稲についたものをしきりにつついていたので、ひょっとしたら害虫のイネドロゾウムシを食べてくれているのかしら。そうだとしたら、だいぶ役に立つ子たちです。

明日も暑いようです。カモには絶好の行水日和になるでしょう。

070612kamo

CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.06.11 *Mon

まど(2007.6.11)

レタスが巻きはじめました。春菊もだいぶ大きくなりました。エンドウマメも白い花を咲かせています。タマネギも今年はだいぶ玉が大きくなっています。といっても冬を越せた株がものすごく少ないのですが。
エシャロットも先日ビールのつまみに試食しました。コウスケが大好物で、ほとんど食われましたが(しかし3歳児がエシャロット好きってのはどうなのでしょうか)。

というわけでそろそろ「野菜便」再開となります。6月下旬くらいからの予定ですので、ぜひご利用になってください。
CATEGORY : 近況

2007.06.11 *Mon

240(2007.6.11)

週間予報をみるともうすぐ梅雨入りのようですね。じめじめ季節がやってきます。でも水不足にならないようしっかり(でもほどほどに)降って欲しいものです。

田んぼの草がかなり出てきました。田植えしてそろそろ2週間ですから、当然といえば当然ですが、今年もつらい戦いの季節がやってきました。でも今年は秘密兵器アイガモさんたちがいるので、どうなるのかちょっと楽しみでもあります。
狙い通り、コナギ(草の名前)を撃退してくれれば、来年からちょっとずつ田んぼを増やしてもいいなあ、と思ったりします。(今まであまり積極的でなかったのも、売り切る自信があまりなかったこともあるのですが、最大の問題は草でした。)面積を増やしても草がとりきれなくて収量がそれほど増えないなら、今ある面積で最大の収量を上げたほうが結局はいいような気がしていましたから。

それにしてもとにかく無事にアイガモさんたちが草取りできる環境を作ることが大切です。獣や鳥に食われてしまっては、私がアイガモにならねばならないので、田んぼの囲いは慎重に、と思っています。でも結構思いがけないところから侵入したりするのは、トウモロコシやトマトの囲いで痛感しています。田んぼは広いので(といっても12アールほどだけど)、正直どうなるのか心配です。周囲にネットを張るのはもちろん、ネットの外には電気柵(大きな農家から幸い頂くことができました。かなり高価なので、実験段階ではとてもわが家では買えない代物)、田んぼ上には防鳥糸を張り、夜間は金網で作ったカモ小屋に入れておくことにする予定です。襲われるのは夜が多いので、小屋に入れておければ安心という作戦。

いよいよ明日(12日)放鳥します。私ひとりでドキドキしてます。
CATEGORY : 近況

2007.06.04 *Mon

まど(2007.6.4)

最近暑さが厳しくなり、定植したばかりの苗がちょっと苦しそうです。ナス、キュウリがいつもの元気がなく、心配です。そろそろトマト、パプリカを植える準備を始めます。
種をまいて芽が出始めたエダマメが早速鳥の餌食になってしまいました。すぐに蒔きなおして挽回したいところです。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2007.06.04 *Mon

239(2007.6.4)

やれやれもう6月です。一年の半分がそろそろ終わるということなのですね。

わが家の田植えも順調に終わり(あともう少しで終わりというところで、田植え機の植え爪が曲がってしまいちょっと往生しましたが)、さなぶりになりました。さなぶり(田植後の農休日)はちょうど週末だったので、子供たちと郡山の遊園地へ。
昨年のさなぶりにもいったので、毎年恒例化しそうですが、とにかく料金が安く子供が楽しめるのがありがたい。土日だと遊びにきている子供たちがたくさんいて賑やかです。(空いてる方がいいんじゃない、と思われるかもしれませんが、あんまりガランとして閑古鳥がないている遊園地というのはなんともわびしいものなのです。)
観覧車やメリーゴーランド、豆汽車と定番アトラクションに一渡りのると、コウスケはスーパーのゲームコーナーによくある自動車の遊具(100円いれるとその場でゴトゴトゆれているだけのやつ)に夢中。お金をいれろとせがむのですが、どうせただ揺れているだけだし、大人の目から見ると遊園地でしか乗れないものにしたら、と思うのです。
それでも持ち前のガンコさでパトカーだのトーマスだのにお金を入れさせることに成功。本人は至極満足で遊園地を後にしたのでした。(実際は最後に食べたカキ氷を食べすぎ、腹痛で辛かったようですが)

さなぶりが終わると畑の世話、そして田んぼの草取り、そして収穫作業へと移っていきます。


070604kou

070602masa

CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。