This Archive : 2006年11月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.27 *Mon

まど(2006.11.27)

ダイコン、ハクサイ、カブ、ネギ、キャベツと雪の降る前にほとんど収穫しました。畑はだいぶ寂しくなりました。今はタマネギ、ニンニクの葉が青々と伸びています。タマネギなんとか順調そう。来年に期待。

トマトのビニールハウスようやく片付けが終わり、ビニールもはがしました。やれやれ、これで雪がふっても安心。畑の片付けは今年は順調。
スポンサーサイト
CATEGORY : 畑・田んぼ

2006.11.27 *Mon

219(2006.11.27)

今年も残すところ1ヶ月余り。例年より寒さはゆるいように思いますが、時折ものすごく寒い朝があったりして、そんな日はつらいです。そのためかなんとなく体調がよくない感じです。季節の変わり目ごとに体調を崩すのはやはり歳のせいでしょうか。


061127k&m最近オレたちの出番が少ないぞ~!



もうじき雪の季節になるので、秋の最後の仕事、ハクサイ・ダイコンの収穫をしました。今年のハクサイはこの5年間で一番の出来、というよりは初めてハクサイらしいものが揃ってできました。毎年20株に1つくらいしか「ハクサイ」ができなかったのに、ものすごい進歩です。ダイコンも去年に続いて豊作。なんとか冬の野菜確保はできました。
と喜んでいた矢先、今年はハクサイ・ダイコンが安すぎて生産調整つまり畑で潰しているとの報道。うちでさえ、こんなにできたのだから、世間のプロ達はかなり豊作だったということでしょうか。確かに暖かくほどほどに雨が降った秋でしたから、作物にはよほど快適だったのでしょう。
去年も春にキャベツがだいぶ廃棄されましたが、こういうニュースに触れるにつけ、理想と現実のギャップに苦しむというより、純粋に悲しくなります。

そろそろ当地でも初雪が降る時期。冬・雪の準備も順調に進んでいます。
家の雪囲いはだいたい終わりました。ちょっとは時間に余裕ができてきたので、今年は「世間並み」の時期に出来ました。
車のタイヤも早々と冬用に替えました。いつもは雪がちらつく中、寒さに凍えながら車の周りを這いずり回っていましが、今年は暖かい気持ちのよい日にタイヤ交換できました。
インターネットの天気予報では、今週末から雪だというのを信じてのことでしたが、別のサイトや某国営放送局では雪どころか晴れ続きという予報を出しているところもあり、どちらを信じたものやら。

話はだいぶ変わりますが、我が家のすぐ前にあるお寺が改築されることになりました。私は檀家ではないし仏教徒でもないので、関係はないのですが、もうだいぶ古くなったお寺を突然全額自費で建て替える、というお坊さんが出現したのです。
何でこんな山奥に新品のお寺を建ててくれるのか経緯や目的はよくわかりませんが、いまどきそんな気前のいいお坊さんがいるというのもなんだか不思議というかせっかくの好意には悪いけれどちょっと気味が悪いくらいです。ムラの檀家の人たち(つまりは僕らのようなよそ者以外の人たち)は手放しの喜びようなので、そんなこと口にできないのですが。
そのお寺の地鎮祭に「五穀」を奉納することになりました。五穀というと米、麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(キビ)、大豆といったようなものをとにかく5種類揃えればいいのですが、いまどき粟、稗、黍といったいわゆる「雑穀」(私はこの言葉はあまり好きではない。雑草、雑魚と同じような感じで、いかにもさげすさまれた呼び名のような気がして)どころか、昔はみんな栽培していた麦でさえ、ムラの人は誰もつくっていません。うちで少し小麦をやっているので、少し分けて欲しいということになりました。檀家でもないし、地鎮祭にでるわけでもないので、ちょっと違和感もあったし、なにより虫食いだらけのあまりよくない小麦なので、やんわりと断ったのですが、結局ひと掴み提供することになりました。
聞けば、この五穀は小さな壷にありがたいお経とともに収められ、幾久しく地が鎮められるようにとご本尊の真下に埋められるそうです。前のお寺がいつ建てられたのかわかりませんが、外観からみて5・60年は経っていそうです。
我がへなちょこ小麦はこれから半世紀にも渡る大役を任されたことになります。

地鎮祭を前に、前のお寺の解体が始まりました。屋根は昔ながらのカヤ葺きで、大量のカヤ屑がでました。たまたま工事現場が目の前だっということもあり、私のところに「堆肥にでも使わないか」というお話。いちもにもなく引き取ることにし、畑に運んでもらいました。山の中の小さな畑に突如出現したカヤの山。4トンダンプ1台分(重さは大したことはないだろうけど)はあろうかという量です。来年は堆肥作りに苦労しなくて済みそう。
へなちょこ小麦ひと掴みのご利益でしょうか。
CATEGORY : 近況

2006.11.13 *Mon

まど(2006.11.13)

山芋掘りました。今年のは小さいです。ちょっとがっかり。
畑の片付けもだいたい終わりました。ただいま、トマトのハウスを片付け中。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2006.11.13 *Mon

218(2006.11.13)

遠くの山々に白いものが見えるようになりました。会津若松では初雪が降ったそうです。ここ山都町ではまだですが、雨の日はかなり寒く、うちでもコタツを出しました。

初冬らしくどんよりとした曇り空の日が多くなっています。カラリと晴れることが少ないので、たまの晴天は本当に貴重です。
フトン、大豆、レインコートや長くつ、いろんなものをここぞとばかりに日向に移動。3時過ぎると寒くなって、ツユが降り始めるので早々に取り込みます。
この時期につくるのは干し柿。軒先に100個、200個と皮を剥いたものがぶら下がっています。昔は砂糖代わりの甘味料としてたくさん干し柿が作られたそうで、柿木の実はひとつ残らずとっていたようですが、今では実が取れらた木の方がすくないくらいで、もったいない限りです。
うちの目の前にある柿の木も立派な実がいくつもついていますが、地主さんがいくつかとった後は、うちでいくらでも取り放題。渋抜きして食べても食べきれないし、保存が利かない。干し柿はこれまでうまくできた試しがない。(カビてしまう)
今年こそはと70個くらい剥いて南向きの軒に下げておきました(いつもは100個以上剥くのですが、どうせうまくできないからといって連れ合いがこのくらいにしておこうと)。今年こそは美味しい(多少美味しくなくてもいいので、カビていない)干し柿になって欲しいものです。

今年からモチ米の販売もしますので、お正月用にご利用ください。詳しくは野菜屋へ。
CATEGORY : 近況

2006.11.06 *Mon

まど(2006.11.6)

稲の脱穀やっと終わりました。今年の収量は、、うーん渋いねえ。

畑の方ではタマネギの苗を植えました。今年は苗を一切買わず、すべて自家栽培。苗の出来がすこぶるよかったわけではないけれど。
サトイモ、ショウガは全部掘り終えました。ちょっと今年のは小さい。
今年最後の野菜の種まきしました。コマツナ、ルッコラ、サントウサイ、キョウナと今ごろまいても雪の下になってしまいそうですが、今年の雪は遅い!!という確信の下、蒔いちゃいました。
CATEGORY : 畑・田んぼ

2006.11.06 *Mon

217(2006.11.6)

今年も残すところ2ヶ月足らずとなりました。紅葉も色が濃くなってきました。11月に入ってようやく霜が2回ほど降りましたが、今年の寒さはそれほどでもなく、部屋の中にはカメムシがほとんど見られません。
今年畑や山でよく見かけるのがキジやヤマドリ(この辺りの呼び方だと思うのですが、一般的になんという鳥なのかはわかりません)、あとたぶんウズラ。どれも丸々太って旨そうです。クマの肉は個人的には正直いって旨いとは思いませんが(今年たくさんつかまったクマのそのほとんど食卓に上ったようです。本当は食べてはいけないそうなのですが、昔から食べてきたものをいまさら食うな、というのは無理があるようです)、これら鳥類はなかなかイケそうな感じです。

今年の秋は珍しく晴天が続き、稲はよく乾くし、畑仕事もはかどって助かりました。どんどん仕事ができてしまうので、なんだか忙しくて慌しくて。近所でご不幸があって、手伝いをしたりというのもあって、疲れもたまってきました(そのせいかわかりませんが、両目とも結膜炎になり、ちょっと参ってます)。

一連の稲刈りもようやく先日終わりました。刈取はとうに終わっていたのですが、稲の乾燥を待っていたので脱穀がなかなか始末できずにいましたが、もう11月になったのもあって先日最後の脱穀をしました。気が付いてみると、うちの脱穀がムラで一番遅かったようで、みな何やってんのかなあと思ってみていたそうです。おかげでモチ米とマナムスメは乾燥機に入れなくてもいいくらいしっかり乾燥してくれました。

畑仕事は引き続き、片付けです。畑を覆っていた残骸が次々姿を消していくと、やけに畑が広くみえて寂しく、また寒々しくなります。珍しくハクサイ・キャベツが順調で、秋野菜の畑だけは青々して活気があります。
多少時間に余裕が出てきたので、今年は冬の前に畑を起こすようにしています。草は意外に寒さにつよく、雪解けのころでも青々と畑を覆っていて面倒なのです。いつも起こしておきたいと思いつつ、忙しくてできないのですが、今年は少し進歩しました。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。