This Archive : 2006年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.30 *Mon

190(2006. 1.30)

もう、1月が終わろうとしています。おいおい、もうカレンダーをめくるのかね、という感じですが、気がつくと居間のカレンダーは昨年の12月のがまだぶら下がっています。

またまた突然ですが、我が家に新しい仲間が増えました。第2子の誕生です。
コウスケ同様、里帰り出産だったのですが、今回は運良く出産に立ち会うことができました。助産所に到着してわずか1時間足らずでおなかから出てきたので、時間的には実にあっけなかったのですが、新しく生を受け、誕生してくることの尊さを改めて実感しました。出産はなにも特別なことではないなのかも知れませんが、こうして母子ともに元気で、未来ある1歩を踏み出すことができたことはやはり奇跡としか思えません。

助産所に行く前に寝てしまっていたコウスケは、弟の誕生に立ち会うことのできませんでした。目覚めたら母親が傍らからいなくなっていることに気付き、だいぶ泣いたようです。翌朝助産所に連れてきてもらうとすぐに、小さな赤ん坊と一緒にいる母親のそばにいき、左肩にほんの少し両手をかけ、さびしかったよ、というようにしばらくうつむいていました。が、やがて何事もなかったかのようにおもちゃで遊び始めました。なんだか事の全てを悟ったようで、このほんの僅かの間に、コウスケの背中が少し大きく見えました。


060130aka  060130aka2
名前はまだないけど、よろしくね
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2006.01.23 *Mon

189(2006. 1.23)

20日は大寒。もっとも寒くなる時期といわれていますが、今冬はすでに猛烈な寒さに見舞われているので今更、といった感があります。雪の方もだいたい峠を越えたように思います。

今更ながらの大寒ですが、寒いことには変わりはありません。先週もここで書きましたが、寒さで苦労は絶えませんが、苦労ばかりでは甲斐がありません。この寒さを逆に利用して、昔からさまざまな保存食がつくられてきました。
高野豆腐は豆腐を凍らせながら乾燥させることでつくられます。唐辛子からつくられる調味料「かんずり」も唐辛子が寒中の雪の上に広げられ、寒に晒されます。味噌や醤油、お酒、キムチなどの醸造品は寒い時期に仕込まれます。大敵の雑菌の繁殖が少ないことがひとつの理由です。

会津では昔から凍み餅が保存食としてつくられてきました。基本的には高野豆腐と同じようなつくり方で、かちかちに乾燥されたものは夏まで保存しておくこともできます。去年の冬に食べさせてもらった凍み餅の旨さに感激して、昨年もち米を栽培し、今年つくることにしました。
原料はもち米とうるち米(普通に炊いて食べるご飯です)。蒸したもち米と普通に炊いたうるち米を半々に混ぜてつきます。完全にモチにならない程度、粒が残る位がいいそうです(つくり方を教えてくれた人はこの状態を「半殺し」といっていました)。これをロールケーキ位の円柱状に形を整えたら、包丁で輪切りにし、乾燥させます。紐や藁でつるして寒風に晒して完全に乾燥させます。
油で揚げて、醤油などをつけて食べると食感と香ばしさがうれしくなる素朴な味わいです。今から完成が楽しみです。

このブログの大家さんが逮捕されました。何かとおさわがせな人で、いつも、なんとかならんかねぇ、と思っていましたが、これでしばらくテレビに出てきそうもないのでちょっとほっとしました。
CATEGORY : 近況

2006.01.16 *Mon

188(2006. 1.16)

ようやく大雪と寒さは一段落してくれたようです。ただこれからが寒の本番なので油断はできませんが。

今年の寒さは全国的のようで、富士五湖のひとつ山中湖が22年ぶりに全面氷結したとのこと。おかげでわかさぎの穴釣りも楽しめるそうです。会津の裏磐梯の桧原湖は毎年全面凍結し穴釣りで賑わいますが、年末年始には湖面に赤・黄色・緑など色とりどりの小さなテントが早朝からひしめき合い、壮観でした。
穴釣りはご存知だと思いますが、人が歩けるくらいの厚さに氷結した湖面に直径10cmほどの穴をドリルであけて、釣り糸をたらしてわかさぎをつりあげるものです。そのままでは寒いので、テントをたててその中で釣りを楽しむのです。

いつもだと年明けくらいから湖面が氷結するのですが、今年は半月ほど早まっています。そのくらい寒い冬になっているということです。先日は喜多方でマイナス18度の観測史上最低を記録しました。
この酷寒の日の朝、我が家の水道は前日水抜きしたにもかかわらず凍りつき、水道管にお湯をかけたりドライヤーで暖めたりして苦労してようやく開通させました。その後お昼になって水道をひねると再び凍って水が出なくなりました。わずか3・4時間ほどでこんなになるのには驚きました。

たまたまその日、我が家のトイレの汲み取りをしてもらうことになっていました。(うちはまだ昔ながらの下水システムなので。これ以降は食事中の方は読むのをご遠慮ください。)
業者のおじさんがきて、すぐ仕事が始まるのかと思ったら、なにやらガンガン何かを叩く音がします。気にもしていなかったのですが、しばらくしておじさんが困った顔で玄関に入ってきました。槽に溜まっていたモノが寒さで凍ってしまって吸い出せないというのです。ガンガンという音は、鉄の棒で表面の「氷」を割ろうとしたものだったのですが、ビクともしませんでした。「水位」も限界域にきていたので、出してもらわないと数日後にもトイレが使えなくなってしまいます。
試しにヤカンのお湯を棒で突っついた辺りに流してやるとようやく穴が明きました。ちょうどワカサギの穴釣りと同じ状態です。
その穴から氷の下のモノを吸いだしてもらいました。が、氷は依然限界域の高さにあり、危機はまだ回避されたわけではありません。

しばらく恐る恐るトイレを使っていましたが、折りからの全国的な暖かな雨が降った日、ようやく氷は落ちてくれ、事無きをえました。

060116kou.jpg
たんこぶ できた
CATEGORY : 近況

2006.01.09 *Mon

187(2006. 1. 9)

あけましておめでとうございます。本年もねこのめねこのみみホームページをよろしくお願いいたします。

皆さんは素敵な新年を迎えられましたか。私は平凡に新年を迎えることができ、とても感謝しています。年末年始は仕事で、のんびり紅白をみて、、という状況ではありませんでしたが、こうして元気にいられるのがなによりでした。
とはいえ、なんとなく慌ただしい年明けでした。
大晦日は、残業で遅い帰宅、その上大雪のために家の周りの除雪。新しい年まであと3時間足らずという時間まで雪の降る中スコップを振り回していました。

それにしても今年の雪には参りました。天気予報の「寒気が入って、冬型が強まり・・」というフレーズはもう聞き飽きました。何度強い冬型になれば気が済むのかと思うくらい2・3日ごとに大雪でしたから。新潟、長野では3m以上の積雪になっているところもあるようで、雪国はてんてこまいです。このあたりでは積雪1mといったところですが、それでも十分大変。津南町などの人たちの苦労は想像もできません。
雪もすごいですが、寒さが私には堪えます。最高気温が零下の真冬日がもう何日続いたでしょうか。一日家を留守にすると水道はもとよりありとあらゆるものが凍りついてしまいます。洗面所の流しと洗濯機の排水が凍って水が流れないのには参りました。倉庫に保存しておいた大根や白菜は芯まで凍ってしまいました。普通凍ってしまっても表面だけなのですが、こんなになるを初めてみました。
リンも寒さが堪えるらしくやたらとコタツに入りたがります。

1年に降る雪の量はだいたい毎年同じ(と、勝手に考えています)。もう十分ふったので、これでおわりでしょう。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。