This Archive : 2004年11月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.11.29 *Mon

143(2004.11.29)

平年よりだいぶ暖かい日が続いています。雪は当分ふりそうもなくホッとしていたのですが、そろそろ舞ってきそうです。今年はなんだか仕事や用事が多く、バタバタとした冬支度になっています。

先日、久しぶりにちょっとした休暇を作ってのんびりしてきました。コウスケは初めて動物園に連れていってもらいました。絵本で出てくるゾウやライオンなど本物を見せてやりたいという「親心」でしたが、まだ1歳ちょっとの幼児には当然絵本のゾウと目の前で今のそのそ歩いている動物が同じだなどと結び付くわけもなく、何のことやら、という感じだったと思います。でもなんだかおかしなものがいる、とか大きいなあとか、そんな素朴な驚きが目の色から感じられました。
でも一番のお気に入りは、園内の遊園地。中でも夢中なのがその場でゴトゴト動くだけの自動車で、ハンドルを握って目の色を変えてグルグル回しています。普段でもうちの車のハンドルを握って運転する真似をしていたのですが、好きなように回せるのが気に入ったようです。100円入れて動いている最中はもちろん、時間切れで止まったあとも目は真剣そのもの。車が動いていようがいまいが、十分楽しめる安上がりな幼児です。

会津に戻ると、ものすごい風。東北地方で暴風が吹き荒れましたが、ここ会津でも相当な北風が吹きました。今年は台風がいくつもこの辺りを通りましたが、こんな強風はありませんでした。
夜中、ゴウゴウと唸る風音でとても眠れません。雪囲いが煽られ、倒れやしないかとヒヤヒヤしました。翌日トマトのハウスにいってみると屋根のビニールは破れて飛び、50本ほどあるアーチ状の骨が全て南方向に傾いてしまいました。風の力は恐ろしいものです。直すには1回バラして組みなおすしかありません。
近所でもトタン屋根が剥がれて飛んでしまった家がいくつもあり、大きなカンバンが倒れ、雪囲いが倒れたところもありました。東北の中でも福島はまだ風が弱かったはず、他県ではもっと被害が出ていたはずなのに、全国のニュースではほとんど話題になっていないのがなんとも不思議でした。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2004.11.15 *Mon

142(2004.11.15)

先週はこの時期としては気持ち悪いほど暖かい日が続きました。こりゃあ雪も当分降りそうもないなあ、と思っていたら今週からいつも通りの寒さが戻ってきました。

このところの野菜価格の高騰も徐々に収まりつつあるようですが、先日の朝日新聞に、野菜価格を落ち着かせるために政府がいわゆる「規格外」の野菜もどんどん市場に出すように奨励しているとの記事がでていました。「規格外」というのは農家が卸売市場に出荷する際に決められている大きさ・形・見栄えに適合していないもの、ということです。小さ過ぎるキャベツ、曲がったキュウリ(出荷規格には曲がり度合いまで規程があるのです)、傷のあるダイコンなどとにかくなんでもいいから出してくれ、ということのようです。
こういう記事に触れると、どう思われますか。そういうものがあるなら是非出して欲しいというのが少しでも安く買いたい消費者の気持ちでしょう。でもその気持ちは、今のように価格が高騰している時だけでないはずです。いつであっても、形はどうでもいいと思っている人が結構いるのではないかと思います。確かに真っ直ぐなキュウリと曲がったキュウリが一緒に棚に並んでいれば前者を手にするでしょう。でもそれは味には関係ないけど、なんとなく真っ直ぐな方がいいと感じるからです。真っ直ぐな方が確かに調理はしやすいし、冷蔵庫にしまうにも場所は取りません。でもそれはそれだけの話しであって、多少曲がっていたとしても大きな問題ではないことを消費者は判っています。
私が会社を辞めた後、日本最大の青果物市場である大田市場を見学に行きました(だれでも自由に見る事ができます。但しセリは早朝なので、5時くらいに行かないと取引の始終をみることができない)。卸売市場というのは「適正な」価格の形成を素早く行うことがその最大の目的とされています。深夜に全国から(正確には世界中から)野菜や果物が市場内に運び込まれ、仲買人がその日の入荷状況や品物を見ながら落札価格を見極め、本番のセリに臨みます。一番高値を出した仲買がセリ落とすというのがルール。市場内にはいくつも雛壇のようなセリ場があって、野菜の種類毎にセリが行われています。そばで見ていても一体今はどの産地のどの品物がセリにかかっているのかわからないくらい次々と価格が決められていきます。確かにかなり素早く価格が付けられますが、果たしてこれで適正といえるのかどうかとその現場にいてとても疑問に思いました。
セリ場のそばには価格をつけられるのを待つ品物が入ったダンボールが 山と詰まれていますが、仲買人がチラチラとそれらの中をみることはあっても、味見をすることなどはありません。有機栽培とか減農薬なんて表示もここでは全く意味がありません(一応有機農産物専門のセリ場もあるにはありますが、品物もそこにいる人も少なく、活気のある場内にあってはなんとも地味で暗い雰囲気なのです)。要するにここでは見た目で判断できる等級と産地が価格付けの決定的な要素になっています。味なんか見なくたってプロは見た目でわかるのかも知れません。
当然のことながらここでは農家の努力だとか苦労などといった人情的な事柄は全て捨象され、流れ作業のように価値がどんどん決められていきます。本当の売り手である農家はその場に立ち会わず、市場の中でいわば勝手に価格が決められていき、農家はそれに一言も文句をいうことができません。第一、農家の希望価格すらオファーする機会は与えられていません。
これでは「農家にとって」本当に適正で、正当な価格形成など到底望めません。

出荷規格というのはあくまで卸売市場の都合で決められているに過ぎません。今の消費者はこの規格に慣れすぎてしまっていて、このことに何も疑問に思わなくなってきています。でもスーパーにならんでいる形の整った野菜や果物の陰には、この規格から外れた、でも食べるに何の問題もない野菜や果物が農家の小屋に大量に存在する、という当然の事実を認識して欲しいと思います。こうした規格外の品物は私があちこちの農家を見聞きした感触では生産量の2~3割といったところです。もちろん、今年のように台風の被害があったところはもっとその割合は多かったことでしょう。

どの農家も「食べるには何にも問題ないんだけどなあ」と口をそろえますが、やむなく処分されているのが現状です(加工用に回される野菜すら、それなりの規格があるので、廃棄割合はそれほど小さくはなりません)。

大切な食べ物が市場の論理で日常的に大量に捨てられている、ということにもっと目を向けてもらいたい、朝日の記事をみて、そう願いました。



1115kou
二人は仲良し
CATEGORY : 近況

2004.11.01 *Mon

141(2004.11.1)

札幌では初雪が降ったとのこと。この辺りの高い山、飯豊山、 磐梯山も頂上付近は白くなりました。今年は少し雪が早いようです。 紅葉も見頃を迎え、いよいよ冬の支度に忙しくなる季節になりました。

今年はちょっとした異変が起きています。この時期、うるさいくらい家の中を飛び回り、ガラス戸にいくつもへばり付いているはずのカメムシが異常に少ないのです。居間の中に1匹か2匹うろちょろしている程度で、気味の悪いほどその姿をみません。まあ例年うっとうしいので、ありがたいことではありますが。
福島に住むということ」で最初に書きましたが、このカメムシが少ない年は冬の降雪が少ないと言われています。あと、稲などにカマキリの卵の産みつけられる高さも目安になるそうですが、 確かに今年はちょっとだいぶ低いところに産卵されているような気がします。ソバの背丈もだいぶ低いし、(まあ、これはうちの栽培の仕方がわるいのかもしれませんが)これらのことを考えると今年の雪予報は少雪方向といっていいようです。確かこの間の気象庁の長期予報も(これはだいぶアテにならない予報だけど)、そんなことを言っていたような気がします。
ただ、カメムシのことについては、今年は台風が多くて繁殖できなかったとか、この間の地震との関連もありうるので、実際のところはどうなのか確信はもてません。

うちの農作業はようやく稲の脱穀のメドがつき、一部は籾摺りしてようやく自分たちも口にすることができました。今年は特に苦労が多かったので、 美味しさもひとしおです。やっぱり新米はつややかで、噛みしめるほどに優しい甘味と風味が楽しめいいものです。

この新米は、今年販売いたしますので、よろしければ野菜屋にてご利用になってみて下さい。


1101kou
このたんぼのお米、たくさん食べてください。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。