This Archive : 2004年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.06.21 *Mon

126(2004.6.21)

モモと散歩していると道端から甘い香りが漂ってきます。見上げると桑の赤や紫の実が鈴なりになっています。ひとつふたつ口に入れると懐かしい甘酸っぱさ。昔小学校から帰る途中手を真っ黒にしながらたくさん食べたものです。
この辺りは昔、養蚕が盛んだったので、桑の木がたくさんあります。たくさんとって桑の実酒でも、と毎年思うのですがヒマがなくて。

ずいぶん長い梅雨の中休みが続いています。おかげで畑の作物はだいぶ参っているようですが、幸か不幸か台風がくるようなので、一雨期待したいところです。


040621ring
ミョウガの茂みは涼しいねぇ
040621onion


雨の降る前にタマネギの収穫をしました。昨年11月にここに書いたのですが、私にとって初めてビニールマルチなるものを使うことになったのはこのタマネギをうまく栽培したいと思ったからでした。詳しくはバックナンバー103をみて頂くとして、その結果は、写真の通りなんとなくタマネギのような姿になりました。
大きさはスーパーに売っているものと比べると一回り二回り小さいのですが、形はもちろん味もきちんとタマネギです。比較的栽培が難しいといわれているなかにあっては私にとっては予想以上の出来でした。

これが、あまり使いたくはなかったマルチのおかげなのかどうかが気になるところです。確かに昨秋は初雪も遅く、栽培の条件としては最悪だった一昨年とは比べものにならないくらい天気に恵まれました。肥料や管理も多少はきちんとやったし、それも勝因かもしれません。
調理によく使うので連れ合いは手放しで喜んでくれていますが、今秋どうやってまたタマネギを植えるか、悩みが増えました。

ということで、このタマネギが入った「会津野菜便」お試しになりたい方、ご利用をお待ちしております。詳しくは野菜屋まで。



スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2004.06.14 *Mon

125(2004.6.14)

例年より早めの梅雨に入りましたが、早くも梅雨の中休みのようで、ここのところ気持ちの良い晴天が続いています。雨と暑さで蚊がだいぶ発生しているのでしょうか、直径30cmほどの球状になってたんぼを飛ぶ蚊の群集がいくつもあって、田の草取りには苦労させられます。

夏野菜の定植が一段落し、鬼のように忙しい時期はなんとかやり過ごしました。6月下旬からの野菜出荷前のちょっと一服といったところです(野菜便再開のお知らせは近日中に致します)。
たまには家族揃って息抜きでもと思ったのですが、どうしたものかと考えてしまいました。
今、お隣喜多方市でリンゴ畑の手入れのお手伝いをしているのは以前ここでご紹介しました。この畑は市の東の磐梯山を仰ぐ山(雄国山)の斜面にあり、ここからは喜多方市を一望でき、その向こうには飯豊山が控え、実に雄大な景色が楽しめます。

その雄国山に雄国沼という湿原があることはここに越してきてすぐ話には聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。余りにも近くにあるので、いつでも行けるから、今行かなくてもいいかな、という感じでした。それにこれは私の認識不足なのかもしれませんが、この雄国沼はこの辺りの観光スポットとしてはあまりメジャーとは言えません。ということはあまりたいしたことはないのかな、というのも足を運ばなかった理由なのかも知れません。
この間、リンゴの摘果に行った時、途中雨で作業ができなくなったので、雄国への山道に軽トラックを走らせました。カンバンにはここからあと10kmという表示。やっぱり近い。少し上っていくと、「この先、大型バス・マイクロバスの通行は不可」という案内があり、その通り普通車同士でもすれ違うのがちょっとツライ細道になってきました。ほんの数分走っただけで、周りは深い山の中といった様相です。雨はどんどん激しくなり、空も夕方の色になりつつあります。あと何キロとか案内があればいいのですが、それもなく、見とおしが悪いくせにカーブミラーもほとんどないうねうね道を不安になりながら上り詰めていきます。
ようやくあと2kmのカンバンを見つけた時には喜多方の町を遠くに見下ろす峠近くに来ていました。やっと峠らしい開けた場所に到着したところに雄国沼の立て看板が出ていました。リンゴ畑からは20分くらいでしたが、実感は1時間くらい。駐車場に隣接した展望台から目を雄国山の方に向けると「こんな近くにこんなすばらしいところがあったのねえ」と感心するような美しい湖沼が広がっていました。雨で霧がかかっていたので、北海道の摩周湖を思い出させる景色です。
寒いのと暗くなってきたのと雨であまり長居もできなかったのですが、久しぶりに感激する景色に巡り会いました。
この感動と、平日だし観光スポットとしてはマイナーなのでたぶん人も少ないとの観測のもと、平日の晴れた日に農作業臨時休業にし、家族で雄国沼観光に出かけました。
この間ひとっこ一人いなかった峠にはところ狭しと乗用車が止められており少しがっかりでしたが、晴天の景色はまた格別でした。向こうには磐梯山や裏磐梯の桧原湖まで見えます。
湿原内は木道伝いに巡ることができ、桧原湖までハイキングしてもいい距離です。
五色沼みたいにレストランやおみやげ物屋はありませんが、ちょっとオススメしたい名所です。でも車の運転に自信のある人と一緒にいってくださいね。


040614oguni
向こうの一番高い山が磐梯山

CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

05 | 2004/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。