This Archive : 2003年10月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003.10.23 *Thu

102(2003.10.27)

この間、所用で裏磐梯方面へでかけたらちょうど紅葉が見頃になっていました。だいぶ落ち葉が道端に積っていましたから、見頃というよりもう見納め時期なのかもしれません。晴れた日曜だったので、あちこちにある湖のほとりでは中高年のグループが手に手に大きな望遠レンズをつけたカメラをもってベストショットを狙っており、私もカメラを持って来るんだったと後悔しました。

去年のちょうど今ごろは時期はずれの積雪があり、大慌てでした。農家1年目で何もかも始めてだったので、こんなこともあるんだ、とそういうものとして受けとめていましたが、よく考えるとやっぱりあれは異常でした。
ハクサイだってダイコンだってまだ生育途中だし、今年作ったばかりのビニールハウスはまだ使用中です。去年雪で潰されたハウスが町中にいくつもありましたが、1年建てるのが早かったら、と思うとぞっとします。

ハウスのビニールを外すのはあと2週間ほど先です。それまでに去年のような雪が降らぬことを祈るばかりです。


031027kou

スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2003.10.20 *Mon

101(2003.10.20)

天気予報で霜警報がでるようになりました。初霜はもうすぐです。山形との県境にある飯豊山はうっすらと雪化粧が始まっています。昼間の時間も大分短くなってきました。夕方は5時半ではもう真っ暗です。

岩手県で病院内でクマが走り回っていた、というニュースが先週ありましたね。さすが岩手県といって笑っていられません。実はうちの近所、目と鼻の先でクマが出没したようなのです。
私がダイコン・カブなどを栽培している畑から数十メートルほどのところにある柿の木がへし折られていたのです。だれも姿を見たわけではないのですが、クマ以外に考えられないとのこと。さっそくクマ捕獲用のワナがしかけられました。
ダイコンを採りにいくと、すぐそこにタテヨコ高さ2mほどの檻が見えます。
いまのところ扉は閉まっていないので捕まっていないようですが、薄暗くなるころに近くでガサッと物音がするとドキッとします。あちらから、突然出てきて畑にいる人を襲うことなどないのでしょうが、気持ちはよくないですね。
クマが里にでてくるのは、森の食べ物が不足気味だからでしょう。今年は長雨・冷夏がたたったのかもしれません。天候不順はヒトだけでなく、他の動物たちにも相当こたえるようです。

今年はカメムシの数がかなり少ないように思います。去年一昨年の今ごろ居間の蛍光灯の周りをいつも4・5匹飛び回っていましたが、今年はせいぜい1匹です。「カメムシが少ないと雪が少ない」といわれていますが、今年はあまり雪が降らないのかもしれません。そういえば、ソバの花の高さも、カマキリの産みつけた卵の位置もいつもよりかなり低いように思います。
カメムシも雪も少ないに越したことはありませんが、これが来年の水不足に繋がらなければよいのですが。去年の秋からの天候不順というか異常気象はまだまだ続くのかもしれません。
CATEGORY : 近況

2003.10.13 *Mon

100(2003.10.13)

この1週間は晴天が続き気持ちのよい秋晴れでした。おかげで周りの稲刈りはかなり進んで終盤を迎えています。例年この時期になると天気が次第に雨がちになってくるので、作物の乾燥作業などは晴れの日を選んで素早くやってしまう必要があります。こういう気候のクセというか流れが判ってくると作業効率もかなり良くなってきます。

このホームページの更新が今回でちょうど100回目になります。昔から何度となく日記をつけようとしたことがありましたが、一度として続いたことがありませんでした。それが週に1回とはいえ、こんなに長く(といっても2年ですけど)続いたのは私としては奇跡に近いことです。
これを書くことで何のメリットがあるのかと思うこともあります。ひょっとしたら誰も読まないかもしれないし、読んでもこちらの状態が思いの通り伝わっているかもわかりません。カウンターや掲示板を作ったのはそんな不安を少しでも和らげるためのものでした。
でもうちにたまに遊びに来てくれるお客さんが、ホームページでこういうことが書いてあったとか、こんなことがあったんだよね、なんて私のプライベートのことが会話の中に出てくるとお互い離れたところで暮らしていたのにまるでしょっちゅう会って話しをしていたかのように錯覚することがあって、楽しいものです。こちらでの生活のことをいちいち説明しなくてもいいので
とてもラクチンです。
私自身は昔の文章を読むのはとても恥ずかしいのであまりバックナンバーはなるべく見ないことにしていますが、去年の今ごろは何をしていたとか、どんな天気だったとかが判るので、農作業の暦としては結構便利です。今年はなんだかカメムシが少ないような気がして2年前のバックナンバーを開いてみると今ごろはもうだいぶ出現していたんだなー、やっぱり今年は少ないなあ、今年は雪が少ないか?などと参考にすることができるわけです。

と、理由をつければなんとでもつけられますが、何のために書くのかなどと考えない方が、かえって長続きするような気がするので、これからもダラダラと取りとめのない文章を流し続けます。次回101回目以降もどうぞお付き合い下さい。
CATEGORY : 近況

2003.10.06 *Mon

99(2003.10.6)

朝晩の気温差が大きくなり、近所の桜の葉が急速に赤くなってきました。近所の稲刈りも遅れ気味ですが、主力のコシヒカリの刈り取りが最盛期を迎えています(少し残暑が戻ったおかげで会津は当初予想よりもかなり作柄が回復し、ほぼ平年並の出来になるようです)。
刈り取りを終えすこしずつ赤茶けた地面が増えてくると今年ももう終わりだなあ、と寂しくなります。

うちの畑仕事も作物の成長を見守るだけの時期となり、少し落ち付いてきました。おかげで長男コウスケの顔を見られる時間が長くなっています(本当はもっといろいろ仕事はあるのですが、アヤしていると時間がどんどん過ぎていく)。
他の赤ん坊はどうなのかわかりませんが、コウスケは今のところよく寝てくれて助かります。特に夜は深夜に1回オシメを替えてやればあとはぐっすりなので、寝不足で苦労することもありません。
オシメ替えも慣れるとちょっとしたスリルもあって結構楽しいし(交換中にソソウをして慌てることが10回に1回くらいある)、沐浴も湯船の中で気持ちよさそうな顔をみてほっとします。
それに引きかえ連れ合いは大変そうです。深夜のオシメ替えの時にオッパイはあげないといけないので、連れ合いは授乳のため小一時間はきていなければなりません(私は傍らで悪いなーと思いながらも、コウスケがお乳を飲み始めたのを確認してすぐに夢の世界に引き込まれてしまう)。
泣けばアヤして、オシメ替え、授乳。オシメ替えは1時間に1回で洗濯機はフル回転。部屋の掃除の頻度もかなり高くなり、清潔にも気を使っているようです。私は子育てのいいところばかりを見て楽しい楽しいといっているわけで、ホントはやっぱり大変です。


031006kou
今日はお宮参り(白い帽子は似合わない)


CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。