This Archive : 2003年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003.08.25 *Mon

93(2003.8.25)

西日本では残暑が厳しいようですが、東北では雨の日が多く残暑というには程遠い感じです。天気予報も外れ続けています。「女心と秋の空」というくらいですから、気まぐれな天気になっているということはすでに秋に突入している証拠なのかもしれません。

冷夏で野菜や果物の出来が悪く、卸値が相当上昇しているという報道をテレビや新聞でよく目にするようになりました。ネギやナス、キュウリなどは例年の何倍もの高値になっている日もあるようです。でも、この野菜価格の上昇で、テレビのインタビューに答える主婦がみな口を揃えて「生活に大きく影響しています」としか言わないのが私にはなんとも奇妙な気がしました。
一般家庭の食料費は月に3~5万円くらいでしょうか。そのうち野菜に費やされるのは1万円内外でしょう。高くなったとはいっても全ての品物が2倍3倍になったわけではないし、少々ガマンすれば新たな負担増は数千円。厳しい今の時代に数千円でも大打撃という人もいるでしょうが(今の私が正にそう)、一方で1回飲みに行ってしまえばすぐに使ってしまえる程度のもの、とも言えるわけです。多少負担あるけれど、農家の人も大変ですからね、なんて気の利いた答えをしてくれる人が一人でもいてくれるとよかったなあ、といつも思います。
農家の側から見ると、全然作物ができず収入がなくなった人と逆に高値でいい思いをした人がいるはずです。
作物ができない、とはいっても全くできなかったわけではなくて、天候不順で大きさや形が「規格」に合わないものが多くなり、食べ物として全く問題ないものが出荷できないまま捨てられていっているということも見逃せない事実です。これを市場に出していけば多少は高値が抑えられるように思うのですが。

気温が低いだけでなく、長雨もこれから出る秋の野菜にもよくないことがあるよう思います。今は秋採り野菜の種蒔きの時期ですが、雨が続くと畑の耕起や種蒔きがし難くくなったり管理が行き届かないことがあるからです。
天候不順と一言でいってもその及ぶ影響や大きさはさまざまで、そこが農業の難しいところ面白いところでもあるように思います。


私の畑の出来は天候に左右される以前の問題なので、まあ割合 頑張っている、というところでしょうか。
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2003.08.18 *Mon

92(2003.8.18)

梅雨が明けたと思ったら、今度は秋雨前線のせいで雨が続いています。風も冷たさを感じ、朝晩は半袖半ズボンでは寒いくらいです。おかげで梅干しを干すタイミングを逸してしまい、今年は干さない梅干し、梅漬けになってしまいそうです。

さて、突然ですが、この度我が家にまた新たな仲間が増えました。今回は犬や猫ではなく、ヒトです。私たちの間に長男が誕生したのです。
1ヶ月ほど前から連れ合いは里帰りして出産に備えていました。
予定日当日の朝、連れ合いから連絡があり、産気づいたのでこれから産院に向かうとの知らせ。実際の出産までにはまだ間があるだろうと思っていたので、出発の前に畑へ出かけました。キュウリやナス、インゲンなど実が大きくなりすぎると樹が弱るものがあり、出産が長引いたり何か問題があって何日も帰ってこれないことも考えて、実が小さいうちにとってしまうことにしたのです。
畑から急いで戻って出かける支度を始めていると、また連れ合いからの電話。「もう産まれちゃった」。産院に到着してまだ2時間ほどのはずです。私が畑でもたもたインゲンなどを摘んでいる頃にどうやら産まれたらしいのです。
ともあれ母子共に元気とのことでほっとしながら、車で空港に向かいその日の夕方に産院に到着。連れ合いの隣りには小さくて可愛らしい寝顔がのぞいていました。
そのまま私も産院に泊めてもらい、親子3人で一夜を過ごしました。

030818kou
こんちは。コウスケです。

かくして我が子はごく平凡に静かにこの世に産まれてきてくれました。
翌日また会津に戻っていく私を見送ってくれた連れ合いの顔が、いつのまにか母親のそれになっているのが、なんだかとても印象的でした。
CATEGORY : 近況

2003.08.11 *Mon

91(2003.8.11)

030811tanboようやく長い梅雨が明け、真夏の太陽が戻ってきました。青々とした稲は穂を出し始め、田んぼのそばを通ると香ばしいお米のような香りがしてきます。

北日本ではお米の生育にかなり影響がありそうだといわれていますが、会津地方はその中でもマシな方のようです。台風10号が北日本を直撃しましたが、ここでは雨も風もほとんどなく、私が昼寝をしている間に台風の目は通過していきました。おかげさまで被害はトウモロコシが倒れたくらいでした。

梅雨明け後は秋野菜の種蒔きや定植の準備の時期ですが、 梅雨明けが遅かったのとそれ以後もなんだかんだと雨が降り続き畑の準備が遅れぎみでした。天気がよければ暑くて昼間は仕事ができないし、涼しい朝方・午前中は出荷の準備と配達で手がつけられないので、夕方の短い時間が勝負です。ほとんど辺りが見えなくなってくる7時までわっせわっせと畑で手を動かし、真っ暗になると道具を片付けて、犬の散歩をして、収穫物を整理して、フロから上がると8時をとうに過ぎてしまいます。
翌日はまた5時起きで収穫、出荷の準備。それだけ野菜の注文を頂いているのですから、ありがたいことです。
今は多少忙しくても植えるものを植えてやらなければ、秋になって品物がなくなることになりかねないので、実はとても重要な時期なのです。去年は忙しさに任せて手抜きしたおかげで後々大変でした。今年は、、今年もちょっと厳しいかも。とにかくお盆過ぎまでは今のわっせわっせ生活が続くことになります。

とはいえ、たまには息抜きもしてます。この間近くの川原で近所の仲間たちとキャンプしました。焚火を眺めながらがやがや話しをしながら酒飲んで、眠くなったらテントのシュラフにもぐり込む。なんとも愉快な夜でした。


030811m&r
暑くても二人でいると楽しい
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2003/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。