This Archive : 2002年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002.08.26 *Mon

47(2002.8.26)

ここのところ涼しいを越えて、寒い朝が多くなってきました。朝の気温は15℃くらいでしょうか、とてもタオルケットだけでは眠れず、冬用のフトンを出して寝ています。
また暑さがぶり返すそうで、あのいまいましい暑さがちょっといとおしくなったりします。

この間は、友人たちと久しぶりにカヌー遊びに出かけました。以前のように川下りをしたりキャンプをしたりということまではできませんでしたが、丸一日裏磐梯の湖でのんびりカヌーに乗って、釣りをして過ごしました。釣果の方はさっぱりでしたが、うちでとれた野菜でバーベキューなどしているとあっという間に1日が経ってしまいます。
モモは初めてのカヌーにかなり怯えていましたが、1日で少しは慣れたようです。そもそもモモは水に入るのが嫌いで、体が濡れるのも苦手です。暑い盛りに近くの川に連れてって泳がせようとしましたが、決して足が着かないところには行こうとしません。もちろんその気になれば犬カキができるくせに顔を水につけることもできません。このあたりは人間の子供と全く同じです。
初めての場所でのカヌー遊び、知らない人やよその犬に出会ったりと、さすがのモモもかなりお疲れで、行きはえらくはしゃいでいたくせに帰りの車中では私の膝の上で終始熟睡でした(膝の上で寝返りをうつのが結構かわいい)。

つかの間の夏休みが終わるとたんぼ・畑はいよいよ秋の収穫シーズンです。これからの会津は1年で一番いい季節になります。

020826momo  020826momo1
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2002.08.19 *Mon

46(2002.8.19)

このところ夕立が多くなり、お盆を過ぎると急に涼しい風が吹き始めました。日中は陽が差していても耐えられないような暑さはなく、秋の気配を感じます。日の出がだいぶ遅くなってきたし、夕方も6時半には暗くなってしまい1日がどんどん短くなっていきます。
先日息抜きに新潟に遊びにいったのですが、道中の山では早くも紅葉を始めている気の早いやつもいて、夏は本当に終わってしまったのだな、とちょっとさびしくなってしまいました。

秋のせいかどうかは知りませんが、急に獣がうちのまわりをうろうろし始めました。ここは山間地ですからタヌキやハクビシン、カモシカなどの野生動物がよくでるのですが、これまであまり被害のようなものはありませんでした。
ここの集落ではトウモロコシとスイカは作るな、といわれていて、栽培すると「明日が食べ時」と思っているとそれを聞いていたかのようにその晩ムジナ(タヌキ)に全て食われてしまうのだそうです。
うちも試しに家の前の畑に種を6月に播いてみたのです。8月始めに花が咲いて実がついたころ、近所のみんなは今に食われるぞ、と思っていたそうですが、ヒゲが黒くなって食べごろになっても何事も起こりません。おかげさまで何不自由なく甘い実を堪能できたのですが、どうやらうちにはモモがいたためにムジナが近づかなかったようなのです。オマケに畑の周りにはモモの排泄物(大)を埋めてあったので、その匂いのせいもあったのでしょう。
トウモロコシの収穫が終盤を迎えたころ、畑の中にちょっとクダシ気味の排泄物がありました。モモは紐でつなげられているので、ここまでは来れません。どうやら意を決して侵入してきたのでしょう。来た頃にはほとんど残りもなく、地団太踏んだはずです。

一方別の畑では、2週間ほど前から、朝行ってみると獣の食べた跡とおぼしきトマトが1つ2つぶら下がっていることが多くなりました。まあたまにならいいか、ムジナが食べたくなるほど旨いトマトになったか、とのんびり構えていたのですが、いよいよ本格的な出荷時期になるとデカくて真っ赤なものから食われていってしまうのです。さらに「ちょっと試食さしてもらいました」というような歯型がついた実が結構あったりして事態は急速に深刻になってきました。
そう大きなトマト畑ではないのでネットを周りに巡らすという手もあったのですが、手もカネもかかることなので、とりあえず今年は早めにとって家で熟させることにしました。
夕方少し青みが残った赤い実をムジナ対策として収穫する時、つい「お先にぃ~」とか呟きながらカゴに入れてしまうのはなんとも空しいことです。こちらは不法に横取りされているのだから、本来は「もっと樹で熟させて、もっと美味しくできたのに。キッ!」と悔しがるべきところですから。
CATEGORY : 近況

2002.08.12 *Mon

45(2002.8.12)

残暑お見舞い申し上げます。相変わらず暑い日が続きますね。
この文章を書いている今は久しぶりに物凄い雷雨で、涼しく快適です。しばらく雨もなかったので、畑も一息つくことができたはずです。たんぼにもしっかり水が入って稲は稲穂を垂れ始めました。ちなみに丁度稲穂に実が入るころに雷雨の日が多くなる、「雷が穂を実らせる」ことから稲の妻、「稲妻」という言葉ができたそうです。あと一月もすると稲刈り。季節はどんどん進んで行きます。

米ができ始めると心配なことは、カメムシとスズメと台風です。
今は稲穂の中は乳白色の液体の状態で、これをカメムシが吸いにきます。これをやられると米に黒く色がついてしまって味に影響はないものの出荷のとき値が大きく下がってしまうので、多くの農家はカメムシ防除の農薬を撒くことになります。ちょっと甘い匂いで、嗅いでいると気分が悪くなるような刺激があって、散布する人にも害がありそうで全く気の毒になります。
スズメの方はキラキラするテープをたんぼに張り巡らせることで多少被害が抑えられるようです。うちのたんぼは周りより少し実りの早い稲を植えているので、スズメがうちに集中攻撃をかけてくることを心配して、早めにテープ張りをしました。今週は畑仕事のお手伝いにお客さんが来てくれたので、このテープ張りを手伝ってもらって、更にたんぼの定番「案山子」作りをしてもらいました。
モンペ・野良着などはないので、モモ用の古いセーターを拝借し、なんとも風変わりな案山子に仕上がりました。

020812kaan
名前はカーン
CATEGORY : 近況

2002.08.05 *Mon

44(2002.8.5)

あれよという間に8月です。梅雨明けから暑い日が続きましたが、この間物凄い夕立があってから、あれっ?秋?というような涼しい風が。カレンダーをめくってみれば8日は立秋。東京は相変わらずの猛暑だそうですが、季節は確実に秋に移行しつつあるようです。ここではお盆まではもう少し暑いかも知れませんが、それを過ぎればかなり涼しくなるそうです。
お盆を過ぎると私たちがここに移住して1年・・。本当に早いものです。

020805momo
暑い時にはこれだね。

ここで以前書いた山都町に産業廃棄物処分場が建設される問題について、先日長野大学の講師がこられて講演を行いました。
日本の処分場建設の考え方は毒物を外に出さないよう管理する、ということに対してヨーロッパは万一毒物が漏れ出しても問題ない場所に作る、という発想だそうです。日本の技術力がいくら高いといっても毒物を完全に永久にもらさないことなど不可能で、日本の発想はあまり現実的でないということになります。日本は地下水脈があちこちに通っているのでヨーロッパの発想でいけば廃棄物の埋めたてという方法には少々無理があるということになります。
処分場が作れないとすれば、ゴミを出さないようにするしかない。早く発想の転換をしていかないと後世にゴミと毒物しか私たちは残すことができなくなります。
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

07 | 2002/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。