This Archive : 2002年03月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002.03.31 *Sun

27(2002.3.31)

いつのまにか、夕方6時まで外で作業できるくらい昼が長くなりました。朝晩はまだ寒いですが、昼間は汗ばむ陽気です。桜にはまだ早いですが、雪融けの季節ここでは福寿草の開花が盛りです。

020331niwafukujuここ山都町の春のイベントといえば福寿草まつり、というくらいで日本でも有数の群生地だそうです。この行事は私たちの住む部落のそばで24日から始まったので、そのお手伝いにもいきました。初日は雪が降ったので来客が少なくなるのでは、と心配されましたが大きなカメラを抱えて多くの観光客がやって来たのには驚きです。
この福寿草、黄色の小さなかわいらしい花をつけるのですが、少し変わっているのは花に蜜を持たないということ。花粉を運んでもらうために蜜を出してハチなどの昆虫を集めるのが普通ですが、この福寿草は花の中の温度を高くすることで虫を集めます。パラボラアンテナのように開いた花は太陽の光を受けて、花の中を暖め、この暖を求めて虫が集まってくるというわけです。
木枯らしの季節に焚火にひかれて人が集まるようなもので、いかにも寒冷地らしい植物です。蜜を出すということは植物にとってはたくさんのエネルギーを消耗することになりますので、このすばらしい工夫は省エネにもなっているわけです。

畑の方は、当初予定よりかなり多い約50aをお借りすることができそうです。今年は半分を大豆、残りに約30種類の野菜を栽培する計画です。他に6aの田んぼもお借りする予定なので、自家用のお米もやります。
準備も充分整わないうちに、シーズンは始まってしまいました。この後の進行状況は新コーナー「やまとのまど(山都の窓)」でお伝えしていきますので、ぼちぼちご覧下さい。

020331momo
春眠暁をおぼえ・・zzz
スポンサーサイト
CATEGORY : 近況

2002.03.24 *Sun

26(2002.3.24)

ひと雨ごとに暖かくなってきた今日この頃。暖かさを実感することをいくつか。
杉の花粉が飛び始めたようで、ティッシュペーパーが手放せなくなった。
外で作業した日の夜の風呂上がり、日焼けで顔の皮がつっぱる。
ビールを冷蔵庫にいれないと、冷えが足りなくなった。
鳥の声をよく耳にするようになった。
漬物、煮物などが傷みやすくなった。
素足でいても、寒くない。

先週、ヤボ用で東京・山梨へ出かけました。東北自動車道を南下していくと道路脇の桜の花色が少しずつ濃くなっていくので、なんだか春に向かって走っているような感じです。東京九段の桜はほとんど満開で、歩いていると眠くなるような陽気です。今年は例年より開花が早いようで、ここ福島でもいつもは4月半ばの開花が、4月上旬になりそうとのこと。
雪の早い年は春が早い(バックナンバー13をご覧下さい)と地元に人にいわれましたが、その通りになりました。そういえば、カメムシが少ない年の冬は雪が少ない(福島に住むということカメムシをご覧下さい)、という言い伝えも当たっていました。この冬の雪は一時にたくさん降ることはありましたが、全体としては大した量ではありませんでした。
来週で3月も終わり。暖かくなると時間の進み具合も早くなるようです。

と、思ったら今日再び雪が降りました。おかげさまでモモは大喜びです。

020324momo2  020324momo1
CATEGORY : 近況

2002.03.17 *Sun

25(2002.3.17)

昨年11月末に作った家の周りの雪囲いを今週取り外しました。4ヶ月余り屋内を薄暗くしていた壁を片付けてしまうと、春の風と暖かい香りが舞いこみ、冬の暗い雰囲気が一挙に家から追い出されたような気がします。
家の近所の、雪融けの進んだ道路端にはふきのとうが顔を覗かせるようになりました。早速いくつか「お裾分け」してもらって、春のほろ苦い天ぷらを楽しみました。
先週わが家の一員に加わった仔犬のモモもようやく生活のテンポを掴んだようで、元気に庭をかけ回っています。はしゃぎすぎて、池に落ちたりもしました。
昼間は連れ合いが出かけているので、その間はモモと二人きりです。始めの頃はほったらかすと人恋しさでキャンキャン吠え、トイレもなかなか覚えられずで、全く目が離せませんでした。この先どうなることかと心配しましたが、親から離れた寂しさは2・3日でなくなり、トイレも今ではほぼ完璧にひとりでできるようになりました。今はちょっと元気過ぎて、人に噛みつこうとしたりして、新たな課題に直面しています。
見ているとやることなすこと人間の赤ん坊と全く同じで、まるで子育ての疑似体験をしているようです。一時は私も「育児ノイローゼ」気味になったりして、子育てを押しつけられた専業主婦の気持ちがよく判りました。ほんと、世のお母さんは大変ですね。
お父さんが昼間外に働きに出てしまうのは生活の為には仕方のないことなのかもしれませんが、そのことでお母さんや子供が大きな代償を払わされているような気がします。
農家のような昼間もお父さんが家にいられる仕事というのは、ひょっとしてお母さんや子供にとって理想の職業なのかもしれません。

020317momo
ちょっと首輪がブカブカだよ
CATEGORY : 近況

2002.03.10 *Sun

24(2002.3.10)

日中は晴天が続き、昼間は暖かく、地面も徐々に見えはじめました。夜空は満天の星で、なんともすがすがしい気分です。お陰で朝は2月よりグッと冷え込みます。周りの杉林も茶色く花をつけ、花粉を飛ばす準備をしています。
最近関東・関西方面在住の方から頂くEメールに必ずといっていいほど花粉症のことが書かれているのが、とても面白いなあ、と思いました。花粉症もいまや大衆病・季節の風物詩・季語となった感がありますね。かくいう私も東京在住時花粉症になったので、今年はどうなるのかとハラハラしています。
ここは杉の人工林だらけなので、4月になると茶色い花粉が大量に飛んでいくのが見えるそうです。ビニールハウスの屋根は茶色くなり、雨がふると茶色い雨水が流れるそうです。でもここで花粉症だ、という人に会ったことはないのです。不思議なことに。

急なことですが、今週家族が一人増えました。子犬が一匹来たのです。いろいろ事情があり、わが家で引き取ることになりました。1月17日生まれの女の子で、名前は「もも」です(桃の季節にわが家にきたので)。なんでねこみみなのに犬なのかという疑問もあろうかと思いますが、とにかくそういうことになりました。床下のネコは引き続きうちの周りを走りまわっています。

020310momo
こんちは。ももです。

それから、某テレビ番組にここ山都町が出る、と大騒ぎして大変失礼しました。やはり大した内容ではありませんでしたが、会津弁は楽しんでもらえたと思います。
CATEGORY : 近況

2002.03.03 *Sun

23(2002.3.3)

なんだかいつの間にか3月になりました。6日は啓蟄。この暦通り先週くらいから家の中でカメムシやクモ、蚊みたいな小さな羽虫、ハエ、小さいトンボみたいな虫などが動き回っているのを発見することが多くなりました。先日外で床下のネコと日向ぼっこしていたらハチが飛びまわっていたりして、ここ会津でもなんとなく春の気配です。
床下のネコも夜は屋根裏で寝るようになり、足音が夜中にトントン聞こえたりして、の中が少し動き出してきたという感じがします。
畑にはまだ雪が30cm以上残っていますので畑仕事はまだ先ですが、少しずつ見覚えのある地面が見えてくると、また暖かく忙しい日々が来るのだなと嬉しくもあり、また、のんびり静かな毎日が去っていくのが名残惜しくもあります。こういう嬉しい季節感は雪国ならではのものなのかもしれません。

今年の畑仕事は、それほど大きな畑が借りられないと思っていたので試験的にのんびりやるつもりでしたが、ここ2ヶ月ほどでお会いした方との縁で予定していた広さの何倍もの耕地をやらせてもらえる可能性がでてきました。広さはあっても技術はないので、やっぱりお試しの年には違いありませんが、4月あたりからちょっと忙しくなりそうです。
水田の準備や田植え、畑の種蒔きや苗定植、それからシイタケのホダ木(原木)の種駒(しいたけの菌)の打ち込みと一挙にやることが増えます。
それに加え、パン焼き窯を作ったり、炭を焼いたりといったお遊びもしたいと思っていた(そんなに畑が忙しくなると思ってなかったので)のでスケジュールの組みたてもままなりません。
ゴールデンウイーク前後が春の忙しさのピークになりそうですので、畑仕事や田舎の体験をなさりたい方、畑仕事はしたくないけどねこみみの生活ぶり、はたまた床下のネコを一目見てみたい方、とにかくのんびりしたい人などいらっしゃいましたら、是非当地にお越し下さい。もちろん自由に宿泊していって下さって結構です。詳しくは みんなのページへ。
またこれとは関係ありませんが、当地で3月23・24日に寒晒しそば祭り、3月24日~4月7日に福寿草まつりが開催されます。初春の会津を楽しんでは如何?

020303anakama
あのカマクラが。。春は残酷だ
CATEGORY : 近況

プロフィール

nekomimi

Author:nekomimi
2001年夏に東京の会社を辞め、農業を中心とする生活をするため福島県会津地方へ移住。
連れ合いと3人の息子、犬のもも、ネコのリンと賑やかな田舎暮らしをしています。

URL ねこのめ ねこのみみ



カレンダー

02 | 2002/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリー



ブログ内検索



リンク



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © ねこみみの農的生活記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。